中国で使えるファイル共有サービスとは?

中国へのファイル共有

はじめに

インターネット検閲や規制が他の多くの国に比べて厳しい中国では、特定のファイル共有サービスへのアクセスや利用が困難な場合がある。そのような制限の一つは、中国のグレートファイアウォールによるものです。
正式には「金盾プロジェクト」と呼ばれ、中国政府が実施するインターネット検閲と監視の包括的なシステムである。特定の外国ウェブサイト、ソーシャルメディア・プラットフォーム、オンラインサービスへのアクセスを制御・制限することを目的としている。当局は、これらを政治的に敏感、不適切、または共産党のイデオロギーに反するとみなしている。
ファイアウォールは、DNSフィルタリング、IPブロッキング、ディープパケットインスペクションなどの技術を組み合わせて、インターネットトラフィックを監視し、フィルタリングする。また、手動でコンテンツを確認し、ブロックするために、多数の人間の検閲官を採用している。

5GBまでの無料ファイル共有

登録不要

中国とのファイル共有を可能にする合法的・合法的な方法

中国とのファイル共有には、合法的かつ合法的な方法があります。そのいくつかを紹介しよう:

1.仮想プライベートネットワーク(VPN): 政府公認のVPNサービスを利用することで、ブロックされたウェブサイトにアクセスするための安全で暗号化された接続を提供することができます。現地の法律や規制に準拠したVPNサービスを選ぶようにしましょう。

2.シャドウソックス これはオープンソースの暗号化プロキシプロジェクトで、インターネット検閲を回避するためにも使用できる。

3.Torブラウザ: Torネットワークは、ボランティアによって運営されている一連のサーバーを経由して接続をルーティングすることで、ブロックされたコンテンツにアクセスする手助けをしてくれる。

4.プロキシサーバー: プロキシサーバーは、あなたのデバイスとインターネットの仲介役となり、ブロックされたコンテンツへのアクセスを可能にします。

5.モバイルデータ: Wi-Fiの代わりにモバイルデータを使うことで、特定の制限を回避できることがある。

6.リーガルVPNサービス: 中国には政府公認のVPNサービスがあり、海外のウェブサイトにアクセスすることができる。

7.地元の代替案: 中国には、海外で人気のあるウェブサイトやサービスに相当するものが現地に存在することが多い。例えば、Twitterの代わりにWeiboが、YouTubeの代わりにYoukuが使われている。

8.衛星インターネット: 場合によっては、衛星インターネットが現地の検閲を回避できることもあるが、これはより複雑でコストのかかる解決策となる。

8.ファイル共有サービス: 様々な制限に妨げられないファイル共有ソリューションもあります。中国とファイル共有するためにそれらを使用することは、他の国のユーザーとファイルを共有することに違いはありません。ファイルメールはそのようなソリューションのひとつで、問題なく機能します。

VPNの使用は、ファイアウォールをバイパスする一般的な方法である。
かそうへいいきもう

中国へのファイル共有時の制限を回避するVPNの利用法

中国のユーザーは、仮想プライベート・ネットワーク(VPN)に頼ることが多い。VPNは、ユーザーのデバイスと中国国外にあるサーバーとの間に暗号化されたトンネルを作り、検閲を効果的に回避し、ブロックされたウェブサイトやサービスへのアクセスを可能にします。

VPNに接続することで、ユーザーは制限を乗り越え、ファイルメールのようなファイル共有サービスに、より確実にアクセスできる可能性がある。

しかし、中国政府はVPNサービスを積極的にブロックしており、そのアクセス可能性は一貫していない可能性があることは言っておく価値がある。
政府は定期的にVPNの利用を厳しく制限しており、その結果、VPNが中断されたり制限されたりすることがあります。したがって、VPNは回避策を提供するかもしれませんが、中国でのファイル共有サービスへの中断のないアクセスを保証するソリューションではありません。
FileMail ファイル共有アプリ

ファイルメールを使った中国とのファイル共有

中国のデジタル事情において、比較的うまく機能しているファイル共有サービスはまだいくつかある。そのひとつがFilemailで、安全かつ効率的なファイル転送機能で人気を博している。
Filemailはクラウドベースのファイル共有サービスで、大容量ファイルを簡単かつ安全に送信できる。中国のユーザーに適したいくつかの利点があります。
第一に、Filemailは高速転送をサポートしており、限られた帯域幅でも迅速かつ効率的にファイルを共有することができます。これは、インターネットの速度にばらつきがあり、遅い時もある中国では特に重要です。

ファイルメールによる安全なファイル共有

Filemailのもう一つの大きな特徴は、そのセキュリティ対策です。このサービスは、転送中のファイルを保護するために暗号化を採用しており、権限のない個人が共有データを傍受したりアクセスしたりすることをより困難にしている。オンライン・プライバシーとデータ保護が重要な関心事である中国では、このレベルのセキュリティは極めて重要である。
さらにFilemailは、ファイル共有のプロセスを簡素化するユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供する。ユーザーは簡単にファイルをプラットフォームにアップロードし、安全なダウンロードリンクを生成して、電子メールやその他のメッセージングプラットフォームを介して受信者に送信することができます。
このわかりやすいアプローチにより、送信者も受信者も、専門的な知識や困難さをあまり感じることなくサービスを利用することができる。

ファイルメールを使ってあらゆるファイル形式を共有しよう

Filemailの特筆すべき利点のひとつは、さまざまなファイル形式との互換性です。ユーザーは、文書、画像、動画、さらには大容量アーカイブなど、さまざまなファイルを送信することができます。
この汎用性は、日常業務の一環として様々な種類のファイルを交換する必要のある中国の専門家や企業にとって特に有益である。
さらに、Filemailは無料と有料の購読プランを提供しており、ユーザーは自分のニーズと予算に最も適したオプションを選択することができます。無料プランでは通常、ファイルサイズとストレージ容量に制限があります。
有料プランでは、より大きなファイルサイズ、より大きなストレージ、高度なカスタマイズオプションなどの追加機能をご利用いただけます。この柔軟性により、さまざまな要件や使用パターンを持つユーザーが Filemail を利用できるようになります。
Filemail は、中国で効果的に運営されている信頼性の高いファイル共有サービスです。ただし、中国政府のインターネット規制と検閲は、Filemail を含むあらゆるサービスのアクセシビリティに影響を与える可能性があることを認識しておくことが重要です。
中国では、政府がグレート・ファイアウォールなどさまざまな方法でインターネット・トラフィックを制御・監視し、特定のウェブサイトやオンラインサービスへのアクセスを制限している。

結論

結論として、中国のファイル共有サービスにはインターネット検閲という課題があるが、Filemail は信頼できるオプションとして際立っている。Filemail は、高速転送、堅牢なセキュリティ機能、さまざまなファイル形式との互換性を提供します。これらの特質により、効率的で安全なファイル共有ソリューションを求める中国のユーザーにとって、優れた選択肢となっています。
しかし、中国政府のインターネット規制や検閲による制限を考慮することは不可欠です。VPNを利用することで回避できるかもしれませんが、政府が定期的にVPNの利用を取り締まるため、その効果は一定ではありません。
中国のデジタル環境が進化するにつれ、スムーズで安全なファイル共有体験を確保するためには、最新の動向を常に把握し、それに合わせて適応することが極めて重要です。

あらゆるサイズの大容量ファイルを送信

受信者数、ダウンロード数、帯域幅が無制限

ファイル共有とは何か?

ファイル共有とは

はじめに

この記事では、ファイル共有とは何か、ファイル共有の仕組みについて取り上げます。の複雑さについて掘り下げる。 ファイル共有その多様な側面、利点、課題、そしてそれらを効果的にナビゲートする手段を解き明かす。

私は、従来のアプローチから最新のテクノロジーまで、さまざまなタイプのファイル共有ソリューションを調査しています。これらのソリューションにより、個人と組織の両方が、さまざまなデバイスで、さまざまな場所から、簡単に情報を共有し、コラボレーションし、アクセスできるようになります。

5GBまでのファイルを無料で共有

登録不要

1.ファイル共有とは?

ファイル共有は、私たちのデジタルライフに欠かせないものとなっている。人々は、様々なデバイスやネットワークを介して、個人的な、そして仕事上の目的で、ファイルにアクセスし、交換し、配布しています。しかし、ファイル共有とは何でしょうか?まず、その定義から始めましょう。

ファイル共有の定義:ファイル共有は、あるユーザーまたはデバイスから別のユーザーまたはデバイスにデジタルファイルを送信または配布するプロセスを指します。

ファイルの種類には、文書、画像、動画、音声ファイルなどがある。ファイル共有の目的は、コラボレーション、情報交換、異なるデバイス、場所、人々の間でのファイルへの容易なアクセスを可能にすることです。
ファイル共有は、情報の保存やアクセス方法に革命をもたらす数多くの利点を提供する。まず、複数のユーザーが同じファイルを見たり作業したりできるため、コラボレーションが促進され、生産性と効率が向上します。
さらに、ファイル共有により、インターネット接続があればどのデバイスからでもファイルにアクセスできるため、物理的なストレージデバイスが不要になる。
ファイル共有はまた、データのバックアップとリカバリにも役立ち、ハードウェアの故障や不測の事態に備えて重要なファイルの安全を確保します。ファイルの配布を簡素化し、物理的な場所に関係なく、同僚、顧客、友人と大容量ファイルを簡単に共有できます。
さらに、ファイル共有はリソースのシームレスな共有を可能にし、重複ファイルの必要性を減らし、持続可能性を促進する。
デジタルメディア

2.ファイル共有の仕組み

ファイル共有は、あるデバイスやユーザーから別のデバイスやユーザーへ、さまざまな方法でデジタルファイルを送信できるようにすることで機能する。ファイル共有ソフトウェアの場合、そのプロセスは通常以下のステップを含む:

1.人選: ユーザーは自分のデバイスから共有したいファイルを選択する。

2.開始: ユーザーは、電子メール、ファイル共有プラットフォーム、直接接続など、選択した方法で共有プロセスを開始する。

3.アップロード: ファイル共有の方法がクラウドやサーバーへのアップロードを含む場合、選択されたファイルは集中管理された場所にアップロードされる。

4.リンク生成: リンクまたはアクセスコードが生成され、受信者が共有ファイルにアクセスできるようになります。これは、セキュリティを強化するためのパスワード保護や有効期限を含めることができます。

5.通知: 受信者は、電子メール、通知、またはダイレクトメッセージを通じて共有ファイルを通知されます。

6.ダウンロード: 受信者は、提供されたリンクまたはアクセスコードを通じて共有ファイルにアクセスします。その後、ファイルを自分のデバイスにダウンロードすることができます。

7.アクセス 一度ダウンロードすると、受信者はファイルにアクセスでき、必要に応じて閲覧、編集、共有することができます。

8.完成: 受信者がファイルを入手し、必要な措置が取られた時点で、ファイル共有プロセスは完了したと見なされます。

ファイル共有には、電子メールの添付ファイルとしてファイルを送信する、クラウドストレージサービスを利用する、ピアツーピアネットワークを介してファイルを共有する、コラボレーションプラットフォームを利用するなど、さまざまな形態があります。選択する方法は、ファイルサイズ、セキュリティ要件、利便性、受信者の技術的能力などの要因によって異なります。
ファイル共有方法

3.ファイルを共有する7つの方法

ファイル共有とは何かが分かったところで、ファイル共有の様々な方法を見てみよう。私たちが自由に使える方法は数多くあり、それぞれにユニークなメリットとデメリットがあります。このセクションでは、それらの機能性、適合性、潜在的な落とし穴の概要を説明します。

ピアツーピア(P2P)ファイル共有

P2Pファイル共有は、分散型ネットワークを通じて運用されるため、ユーザー同士が直接ファイルを共有することができる。中央サーバーの必要性を排除することで、P2Pはより迅速な転送を容易にしている。

ある種のP2Pネットワークが、次のようなことを助長してきたことを認めることは極めて重要である。 著作権侵害 著作権で保護されたコンテンツの無許可共有によるもの。

ファイル転送プロトコル(FTP)

FTPは、コンピュータネットワーク上のクライアントとサーバー間でファイルを転送するために使用される標準的なネットワークプロトコルです。安全で信頼性の高いファイル共有を提供し、一般的に企業やウェブ開発者がウェブサイトへのファイルのアップロードやダウンロードに使用します。

クラウド・ストレージ・サービス

Microsoft OneDriveやGoogle Driveなどのクラウドストレージサービス ファイルメール近年、クラウドサービスが人気を博している。これらのサービスにより、ユーザーはファイルをクラウドに保存し、特定の個人と共有したり、より多くの人がアクセスできるようにしたりすることができる。クラウドストレージは、デバイス間で簡単に同期でき、ファイルを保護する強固なセキュリティ機能を備えている。

電子メールの添付ファイル

電子メールの添付ファイルは、ファイル共有の最もシンプルな方法のひとつである。ユーザーは電子メールにファイルを添付し、受信者に送信することができます。しかし、ファイルサイズには制限があり、大きな添付ファイルは制限に直面したり、転送に時間がかかったりすることがあります。

共同プラットフォーム

Google Docs、Microsoft Office 365、Trelloなど様々なオンラインプラットフォームは、リアルタイムのコラボレーション機能とともにファイル共有機能を提供しています。これらのプラットフォームでは、複数のユーザーが同時にファイルを操作できるため、チームプロジェクトやリモートコラボレーションに最適です。

リムーバブルメディア

ネットワークやインターネットを使用するオンラインファイル共有とは異なり、リムーバブルメディアファイル共有は、異なるコンピュータやデバイス間でストレージデバイスを物理的に転送することに依存します。この方法は、次のような場合に役立ちます:

  • インターネットへのアクセスは限られている。
  • ファイル共有ソリューションでの転送に適さない、大きなサイズのファイルを転送する。
  • プライバシーと守秘義務を厳守する必要がある。

しかし、この方法には、スピード、セキュリティ、利便性という点で、オンラインに代わる方法に比べて限界がある。

システム・ローカルファイル共有

システムローカルファイル共有は、ローカルネットワーク内で接続されたデバイス間でファイルやリソースを共有することです。このタイプのファイル共有は、インターネット接続を必要とせず、家庭やオフィスのネットワークなどの閉じた環境内で行われます。コンピュータ、ノートパソコン、スマートフォン、タブレットなどのデバイス間で、ファイル、ドキュメント、メディア、その他のデータを直接交換することができます。
ファイル共有の利点

4.ファイル共有の10の利点

ファイル共有には数多くの利点があり、それがその人気と普及に貢献している。このセクションでは、ファイル共有がこれらの利点をどのように組織化し、作業プロセスと相互接続性を向上させるかを説明します。

コラボレーション

ファイル共有により、複数の個人やチームが同じドキュメント、プロジェクト、タスクに取り組むことができます。これにより、コラボレーションが促進され、異なるユーザーからのリアルタイムの更新、フィードバック、貢献が可能になり、生産性が向上します。

容易なアクセスと流通

ファイル共有は、ファイルへのアクセスと配布のプロセスを簡素化します。物理的な転送や複雑な方法の代わりに、ユーザーはオンラインで簡単にファイルを共有し、リモートユーザーにアクセスを許可することができます。

効率と時間の節約

ファイル共有は、手作業によるファイル転送の必要性をなくし、情報共有に必要な時間と労力を削減します。迅速で便利なファイル配布が可能になり、様々なワークフローやプロセスの効率化につながります。

費用対効果

ファイルを電子的に共有することで、物理的な文書の印刷、コピー、発送に関連するコストが不要になります。また、ファイルがデジタルで保存され、アクセスされるため、大規模なストレージ・インフラを必要とすることもなくなります。

バージョン管理とリビジョントラッキング

ファイル共有プラットフォームには多くの場合、バージョン管理機能が含まれており、ユーザーは時間の経過とともにファイルに加えられた変更を追跡することができます。これにより、混乱を避け、誰もが文書やファイルの最新バージョンにアクセスできるようになります。

セキュリティとバックアップの強化

多くのファイル共有サービスは、不正アクセスからファイルを保護するための強固なセキュリティ対策を提供しています。さらに、クラウドベースのファイル共有プラットフォームには、多くの場合、バックアップメカニズムが組み込まれています。これにより、システムがファイルを確実に保護し、データ損失やシステム障害が発生した場合の復旧を可能にします。

拡張性と柔軟性

ファイル共有は様々なファイルタイプやサイズに対応するため、様々な目的や業種に適しています。小さな文書から大きなマルチメディアファイル、プロジェクトフォルダ全体の共有まで、ファイル共有は多様なニーズに応える拡張性と柔軟性を提供します。ファイルメールには制限がなく、どんな種類やサイズのファイルでも共有できます。

グローバル・アクセシビリティ

ファイル共有では、地理的な境界はもはや障害ではありません。個人やチームが世界中の人々とファイルを共有することで、さまざまなタイムゾーンを越えたスムーズなコミュニケーションやコラボレーションが可能になります。

文書管理の改善

ファイル共有プラットフォームは、多くの場合、ファイルのアクセス許可をきめ細かく制御し、誰がファイルにアクセス、編集、削除できるかをユーザーが定義できるようになっています。これにより、より良い文書管理とプライバシーが保証され、不正な修正や機密情報へのアクセスを防ぐことができます。

環境面でのメリット

物理的な紙文書への依存や輸送を減らすことで、ファイル共有は環境の持続可能性に貢献します。従来の文書共有方法に伴う紙の廃棄物、二酸化炭素排出量、エネルギー消費量を最小限に抑えます。

5.ファイル共有の10のデメリット

ファイル共有は効率的である反面、利用者が乗り越えなければならない課題もある。これらの欠点を認識することで、個人は十分な注意を払い、ファイル共有の利点をより効果的に活用することができる。

セキュリティとコンプライアンスのリスク

適切な予防策を講じなければ、ファイル共有はセキュリティリスクをもたらす可能性があります。公衆ネットワーク上や安全でない経路で共有されたファイルは、不正アクセスやマルウェア、データ漏洩の危険にさらされる可能性があります。暗号化などの安全なファイル共有方法とプラットフォームを使用することが不可欠です。 セキュリティ対策.

著作権侵害

個人がファイル共有を悪用し、映画や音楽、ソフトウェアなどの著作物を違法に配布することがあります。これは、知的財産権を侵害し、アップロード者とダウンロード者の双方に法的結果をもたらす可能性があります。

ウイルスとマルウェア

ファイル共有ネットワークやプラットフォームは、ウイルス、マルウェア、その他の悪意のあるファイルの温床となる可能性があります。ユーザーは、知らず知らずのうちに感染したファイルをダウンロードし、デバイスに危害を加えたり、データのセキュリティを脅かしたりする可能性があります。強固なウイルス対策ソフトウェアを導入し、未知のソースからファイルをダウンロードする際には十分な注意を払うことが重要です。

信頼できない情報源とコンテンツ

ファイル共有は、さまざまな品質と信頼性のコンテンツにユーザーをさらすことになります。共有されるファイルは、不正確であったり、古かったり、誤解を招く情報を含んでいる可能性があります。ユーザーは、重要な目的で共有ファイルを信頼する前に、慎重に判断し、情報源の信頼性を確認する必要があります。

制限事項ストレージサイズ、ファイルサイズ、共有制限

ファイル共有ソフトウェアのプロバイダーによっては、共有機能に一定の制限を課している場合があります。これは、ファイルの保存容量を制限したり、共有できるファイルの最大サイズを制限したりするものです。さらに、ファイル共有ソリューションの中には、ダウンロード数や受信者数を制限するなどのさらなる制限を課すものもあります。最後に、帯域幅の制限を課すものもある。

ファイルメールでは、そのような制限はありませんので、どのようなサイズのファイルでも共有することができます:

  1. 無制限ダウンロード
  2. 受信者数無制限
  3. 帯域幅無制限

インターネット接続への依存

ファイル共有はインターネット接続に大きく依存しています。インターネット接続が遅い、不安定、または利用できない場合、共有プロセスが中断され、コラボレーションが妨げられる可能性があります。また、オフライン時に共有ファイルへのアクセスが困難になることもあります。

共有ファイルの制御不能

ファイルが共有されると、そのファイルがどのように使用されるか、または他の人によってどのように変更されるかをコントロールすることができなくなります。共同作業環境では、管理を維持し、意図しない変更や削除を防ぐために、明確なガイドラインと権限を設定することが重要です。

互換性の問題

ファイル形式やソフトウェアのバージョンが異なると、ファイルを共有する際に互換性の問題が発生することがあります。互換性のないプラットフォームや旧バージョンのソフトウェアから共有されたファイルを開いたり編集したりすることが困難な場合があります。互換性の問題は、ワークフローを混乱させ、解決にさらなる労力を必要とします。

プライバシーに関する懸念

ファイルを共有する場合、特に機密情報や秘密情報が含まれる場合には、プライバシー侵害の潜在的なリスクが存在します。特に個人情報、財務情報、専有データを共有する場合は、プライバシーへの影響を考慮し、安全なファイル共有方法を使用することが極めて重要です。

サードパーティ製プラットフォームへの過度の依存

サードパーティのプラットフォームやクラウドストレージプロバイダーは、多くのファイル共有ソリューションを提供しています。便利な反面、このような外部サービスへの依存は、プラットフォームがダウンタイム、データ損失、アクセスやプライバシーに影響を与えるポリシーの変更を経験した場合にリスクをもたらす可能性があります。

これらのデメリットを認識し、必要な予防措置を講じることで、ユーザーはリスクを軽減し、より安全で効率的なファイル共有を実現することができる。
オプション

6.ファイル共有ソリューションの選び方

ファイル共有システムの評価では、セキュリティ、機能性、使いやすさ、拡張性など、さまざまな要素を評価し、ニーズに最適なソリューションを決定します。ここでは、さまざまなファイル共有ソリューションの評価に役立つガイドをご紹介します。

要件を定義する

ファイル共有に関する組織の要件と目標を明確に説明する。ファイル量、ユーザー数、セキュリティニーズ、既存システムとの統合、必要な特定機能などの要素を考慮する。

セキュリティとコンプライアンス

セキュリティは最優先事項です。ファイル転送中と保管中の両方で暗号化を提供するソリューションを探す。ソリューションが業界固有のコンプライアンス基準 (ヒパア, GDPRなど)。

使いやすさ

ユーザーフレンドリーなインターフェースと直感的なナビゲーションが不可欠です。技術的なユーザーにとっても、そうでないユーザーにとっても、使いやすいソリューションでなければなりません。

ストレージ容量

ソリューションが提供するストレージ容量を評価する。それが組織のニーズと将来の成長予測に合致していることを確認する。

アクセス制御とアクセス許可

ソリューションが強固なアクセス・コントロール機能を提供しているかどうかをチェックする。ユーザーにさまざまなレベルのアクセス許可を割り当て、機密データにアクセスできるのは許可された個人だけであることを保証する必要があります。

コラボレーション機能

コラボレーションを重視するのであれば、リアルタイム編集、バージョン管理、コメント機能、一緒に文書を作成する機能などを探すとよい。

既存システムとの統合

現在使用しているソフトウェアやツールとの統合性を検討する。シームレスな統合は、生産性を高め、混乱を減らすことができます。

スケーラビリティ

組織の成長に合わせて拡張できるソリューションを選びましょう。パフォーマンスを低下させることなく、ユーザーとデータの負荷の増加に対応する必要があります。

モバイルサポート

ユーザーがスマートフォンやタブレットからファイルにアクセスして共有できるよう、ソリューションがネイティブのモバイルアプリケーションを提供しているかどうかを確認します。ファイルメールは、以下のようなネイティブファイル転送アプリを提供しています。 アンドロイドアイフォン無料でダウンロードして使用できる。 大きなファイルを送る サイズは5GBまで。

パフォーマンスとスピード

さまざまなサイズのファイルをアップロードおよびダウンロードして、ソリューションのパフォーマンスをテストします。ファイル転送の速度を評価し、顕著な遅延があるかどうかを判断します。

Filemail では、ファイル転送を高速化するために、グローバルに分散されたサーバーを使用しています。デスクトップアプリは ウィンドウズマック 使用 UDP転送の高速化 ブラウザベースのソリューションでは実現できない、圧倒的な高速通信が可能です。

カスタマーサポート&トレーニング

ソリューション・プロバイダーが提供するカスタマー・サポートのレベルを検討する。ドキュメンテーション、チュートリアル、トレーニングなど、チームがスピードアップできるようなリソースを探しましょう。

コストと価格モデル

隠れたコストを含め、価格体系を理解する。ソリューションの価格と機能およびメリットを比較し、組織にとっての価値を判断する。

バックアップ&リカバリー

ソリューションが自動バックアップを提供し、偶発的なデータ損失の場合のリカバリプロセスを提供しているかどうかを判断する。

ユーザーフィードバック&レビュー

ユーザーレビューやフィードバックを調査し、そのソリューションを使用した他の組織の経験についての洞察を得る。

試用期間

可能な限り、試用期間や無料版を利用してソリューションの機能をテストし、ニーズに合っているかどうかを直接確認する。

今後のロードマップ

ソリューション・プロバイダーの計画とアップデートを調査する。これによって、ソリューションの長期的な改善と適応に対するプロバイダーのコミットメントを知ることができます。

データの所有権とベンダーのロックイン

データ所有権の条件を明確にする。ベンダーのロックインに直面することなく、必要に応じてデータを別のソリューションに簡単に移行できるようにする。
これらの要素を慎重に評価し、さまざまなファイル共有ソリューションを比較することで、組織の要件と目標に沿った情報に基づいた決定を下すことができます。
ファイル共有のヒント

7.ファイルを安全かつセキュアに共有する15のヒント

不正アクセスや潜在的な脅威からデータや機密情報を保護するには、安全かつセキュアにファイルを共有することが不可欠です。このセクションでは、意図した人だけがファイルにアクセスできるようにするためのアクセス制御の実装など、ファイルを保護するためのさまざまな対策について説明します。以下にガイドラインを示します。

安全なプラットフォームを利用する

暗号化とセキュリティ機能を提供する、信頼できる評判の良いファイル共有プラットフォームを選びましょう。Google Drive、Microsoft OneDrive、Filemailなどのクラウドストレージサービスは、ファイル共有のための安全なオプションを提供しています。

パスワード保護

アカウントには強力なパスワードを使用し、共有ファイルには可能な限りパスワード保護を有効にします。これにより、不正アクセスを防止するためのセキュリティ層が追加されます。

暗号化

ファイルを共有する前に暗号化しましょう。これにより、誰かがファイルを傍受したとしても、暗号化キーがなければ内容を解読することはできません。

セキュアリンク

ファイル共有プラットフォームが提供している場合は、以下を使用します。 安全なリンク共有 オプションでは、受信者がファイルにアクセスするためにログインするか、固有のリンクを使用する必要があります。

二要素認証 (2FA)

有効にする 2FA をご利用ください。これは、テキストメッセージのコードや認証アプリなど、2つ目の認証ステップを要求することで、セキュリティのレイヤーを追加します。

アクセス制限

ファイルの共有は、アクセスが必要な個人とのみ行う。必要な場合を除き、ファイルを一般に公開しない。

有効期限

共有リンクに有効期限を設定します。これにより、一定期間が経過するとリンクが非アクティブになり、将来的に不正アクセスされる可能性が低くなります。

公衆Wi-Fiを避ける

機密ファイルを共有する際は、ハッキングや傍受の恐れがあるため、公衆Wi-Fiネットワークの利用は避けましょう。セキュリティで保護されたネットワークやVPNを利用しましょう。

ウイルスとマルウェアのスキャン

ファイルを共有する前に、受信者のシステムを危険にさらす可能性のあるマルウェアやウイルスがないことを確認してください。

定期的なアップデート

オペレーティング・システム、ソフトウェア、セキュリティ・ツールを常に最新の状態に保ち、既知の脆弱性から保護する。

安全なファイル転送プロトコル

ネットワーク上でファイルを共有する場合は、SFTP(Secure File Transfer Protocol)やHTTPSのような安全な転送プロトコルを使用して、転送中のデータを暗号化します。

アクセス許可の確認

ファイルを共有する際は、許可する権限とアクセスレベルを再確認してください。不注意で他人にアクセス権を与えすぎていないか確認してください。

受給者を教育する

他の人とファイルを共有している場合は、サイバーセキュリティの重要性と共有ファイルの安全な扱い方について教育する。

不要なファイルの削除

不要になったファイルは定期的にクリーンアップして削除する。こうすることで、古いファイルに悪意を持ってアクセスされるリスクを減らすことができます。

バックアップ

重要なファイルは常にバックアップコピーを取っておきましょう。これにより、共有プロセス中に何か問題が発生しても、データは安全です。
これらのガイドラインに従うことで、ファイル共有活動のセキュリティを大幅に強化し、不正アクセスやデータ漏洩に関連するリスクを最小限に抑えることができます。

結論

今日の相互接続された世界では、ファイル共有はコラボレーションの促進、アクセシビリティの向上、情報交換の簡素化において重要な役割を果たしています。
ファイル共有のさまざまな方法を理解することで、ユーザーはニーズに応じて最適なオプションを選択できるようになる。
ファイル共有技術を効果的に利用することで、人々やグループは仕事を簡素化し、生産性を高め、知識の共有を重視するデジタル社会で円滑なチームワークを促進することができる。

あらゆるサイズのファイルを共有

受信者数、ダウンロード数、帯域幅が無制限

iPhoneからPCへファイルを転送する方法

iphoneからpcへファイルを転送する方法

長い間、iPhoneからPCにファイルを転送する方法の答えを見つけるのは困難だった。しかし、Macとのデータ同期とは対照的に、iPhoneとPCの間にはある程度の互換性がある。 転送ファイル iPhoneとPCの間でWindowsパソコンとiPhoneやiPadの間でデータを同期・転送するには、いくつかの方法があります。

iPhoneを使用している場合、iOSのデータ転送が必要な時はいつでも、これらのガイドラインに慣れておくと非常に便利です。iPhoneからPCにファイルを移動したいのか、その逆なのかは関係ありません。

5GBまで無料で転送

登録不要

iCloudによるファイル転送

1.iCloudを使ってiPhoneからPCにファイルを転送する

全体的に iCloud は、iPhoneとWindows PCを含むほとんどすべての他のデバイスとの間でデータを転送する最も簡単な方法の1つです。基本的には、iCloudにデータをアップロードし、それを別のデバイスで取り出します。

とはいえ、iCloudの無料プランでは5GBのストレージ容量しか提供されない。そのため、iCloudを活用してより大きなファイルを転送したい場合は、プレミアムプランに加入する必要がある。
  1. iPhoneのFilesアプリを起動します。
  2. コンピュータに転送したいファイルを探します。
  3. コピー」ボタンを長押しし、個々のファイルをタッチする。複数のファイルをコピーするには、3つの点が付いたメニューからSelectオプションを利用します。
  4. アプリでiCloud Driveに移動し、コピーしたファイルを貼り付けます。ファイルがiCloud Driveに転送されました。
  5. iCloud.comまたはWindows用のiCloud Driveアプリケーションを使用して、ファイルをコンピュータにダウンロードします。
ブルートゥース

2.Bluetooth経由でiPhoneからPCにファイルを転送する

Bluetoothは、iPhoneからPCにデータを転送するもう一つの簡単なテクニックです。ただし、BluetoothでiPhoneからPCにデータを転送できるのは、限られたファイル形式だけだということを覚えておく必要があります。
iPhoneからBluetoothへのファイル転送でファイルを手動で選択するのは非常に時間がかかるため、Bluetoothで転送できるデータは少量に限られ、限られた情報量しか共有できません。
その上、ブルートゥースはデータ転送に最も効率的な方法では決してない。そのため、次の段落では、さらに別の効果的な戦略について説明する。
  1. iPhoneのホーム画面で設定パネルを上にスワイプし、Bluetoothマークを長押しする。データを送信したいコンピュータに接続する。
  2. 送信を開始するには、Windowsの「設定」オプションを選択し、Bluetoothオプションを有効にします。ウィンドウズのタブ内に「デバイス」オプションがあります。そこからBluetoothをオンにし、Bluetoothデバイスがファイルを受信できるようにします。
  3. iPhoneからコンピュータに転送するファイルを選択します。
  4. これらのファイルは、お使いのコンピュータにポップアップで表示されます。
MSウィンドウズ

3.Windowsでファイルエクスプローラーを使ってiPhoneからPCにファイルを転送する

さて、iPhoneからPCへファイルを転送する方法についての記事では、最も支配的で人気のあるオペレーティング・システムであるWindowsを取り上げます。Windowsコンピュータ上でファイルを管理・転送するためのソフトウェア、ファイルエクスプローラーをご存知でしょう。ファイルエクスプローラーを使えば、コンピュータ上のファイルに簡単にアクセスでき、ストレージスペースを横断することができます。
iPhoneのカメラロールから写真やビデオを転送したい場合、USB接続でiPhoneからPCに直接画像やビデオを転送できるWindowsファイルエクスプローラーが便利です。追加のソフトウェアは必要ありません。
  1. ファイルエクスプローラーには、データ管理のためのグラフィカル・ユーザー・インターフェースがあります。USB接続を使用して、iPhoneをコンピュータに接続することができます。
  2. iPhoneのロックを解除する iPhoneで「信頼」を選択し、接続が正常に確立されるようにします。
  3. このPC」>「[iPhoneの名前]」に移動する。> 内部ストレージ" > "DCIM" > "100APPLE"。
  4. iPhoneの画像は、日付ベースのフォルダにきちんと整理されます。
  5. ご希望の写真をパソコンにコピーしてください。

4.iTunesを使ってiPhoneからPCにファイルを転送する方法

の主な目的である。 iTunes ファイル共有は、お使いのコンピュータとiPhoneまたはiPad上で動作する互換性のあるアプリケーションとの間のデータ転送を容易にするためのものです。転送したいファイルがファイル共有に対応したアプリで作成されたものであることが確かであれば、この機能を使ってiPhoneからPCに素材を移動することができます。

iTunesのファイル共有とUSBを使ってiPhoneからPCにファイルを転送するには、以下の手順に従ってください:
  1. iPhoneをコンピュータに接続し、iTunesが自動的に起動していない場合は起動します。
  2. iTunesのウィンドウで、"デバイス "タブを開き、そこから "ファイル共有 "を選ぶ。
  3. PC上のあるプログラムから別のプログラムへファイルを転送したい場合は、リストからそのアプリを選択します。
  4. どのファイルをコンピューターにコピーするかを決めたら、それらのファイルを選択し、"Save to "ボタンをクリックする。
  5. iPhoneからコンピューターへのファイル転送を開始するには、コンピューター上でファイルを保存する場所を選択し、「保存先」ボタンをクリックします。
FileMail ファイル共有アプリ

5.FileMailを使ってiPhoneからPCにファイルを転送する

iOSデバイスからコンピューターにファイルを送信するには、以下の方法があります。 ファイルメール.巨大なフィルム、オーディオファイル、高画質の写真集、その他あらゆる種類のメディアのコレクションを送るのは簡単だ。

があります。 iphoneファイル転送アプリケーション は使いやすく、アプリの使用中にモバイル・データ通信の制限を超えないようにするための「WiFiのみ」オプションもある。まずは、iOSデバイスにアプリをダウンロードしてインストールしてください。登録不要で、5GBまで無料で共有できます。

  1. ioS用ファイルメール・モバイル・アプリケーションをiPhoneにインストールする
  2. PC上でFilemailのホームページに移動するか、PC用のFilemail Desktopアプリをインストールしてください。これにより、UDP転送アクセラレーションが有効になり、転送速度が速くなります。
  3. iPhoneでFileMailアプリケーションを起動する。
  4. 現在のFileMailアカウントにサインインするか、または必要であれば、このステップをスキップして、お金を支払うことなくサービスを利用することもできます。
  5. ファイルを添付」ボタンをクリックした後、送信したい項目を選択するだけです。
  6. 受信者のメールアドレス、メッセージのトピック、内容(任意)をご記入ください。
  7. 送信」をクリックします。モバイルデータが限られている場合、アプリケーションはWiFi接続を使用してファイルを配信するかどうかを問い合わせることがあります。
  8. ファイルのアップロードが始まります。アップロードが完了次第、あなたのEメールにダウンロードリンクが送信されます。
  9. リンクをクリックすると、ファイルをダウンロードできるページに移動します。または、そのリンクから WindowsベースのPC用ファイル転送アプリ そこからダウンロードする。
長所と短所

6.iPhoneからPCにファイルを転送する方法 - さまざまな方法の長所と短所

トランスファー・タイプ 長所 短所
アイチューン
USBとWiFiの両方の接続に対応。 画像や動画などのファイルの品質が損なわれない
すべてのiDeviceアプリケーションがiTunesファイル共有機能をサポートしているわけではありません。 個々のファイルや複数のファイルをインポートすることはできますが、フォルダをインポートすることはできません。
iCloud
あなたがファイルを変更するたびに、あなたのすべてのデバイスが同期され、更新されます。 iOS以外のデバイスとも互換性がありますが、特にAppleのエコシステムと効果的に相互作用します。 暗号化レイヤーを追加することで、ファイルのセキュリティを強化します。
インターネット接続が必要です。 データのアップロードやダウンロードには別途費用がかかる場合があります。 サーバーが混雑している場合、ファイル転送が遅くなることがあります。
ブルートゥース・シェアリング
非常に簡単なファイル送信プロセス インターネット接続なしでアクセス可能
送信に時間がかかる。 特に大容量ファイルの送信が困難 最大通信距離は100メートルで、ユーザーによっては不十分な場合もある。
ファイルエクスプローラー
使いやすく、わかりやすいユーザーインターフェース わずかな時間枠で転送が行われる
WindowsのエクスプローラーにiPhoneが表示されず、PC上でiPhoneの画像を見ることができないことがある。
ファイルメール
登録不要で無料で利用できる 登録不要 データ暗号化により、高速かつ安全に使用可能 大容量ファイルの転送を高速かつ効率的にサポートします。
インターネット接続が必要です。5GB以上のファイルを共有したい場合は、サブスクリプションが必要です。

あらゆるサイズのファイルを転送

受信者数、ダウンロード数、帯域幅が無制限

iPhoneからMacにファイルを転送する方法

iPhoneからMacへファイルを転送する方法

この記事では、iPhoneからMacにファイルを転送するために使用できる6つの方法について説明します。また、ステップバイステップの手順を提供しますので、簡単にiPhoneからMacにファイルを移動することができます。

今日、私たちはほとんどすべてのことに携帯電話を使用しているため、携帯電話は私たちの情報やファイルを運ぶ最も重要なデバイスの一部です。多目的デバイスとして携帯電話に依存していると、必然的に内部ストレージに多くのファイルが蓄積されることになります。内部ストレージが残り少なくなると、次の方法を考えることになります。 転送ファイル iPhoneからMacまで、アップルのエコシステムに深く入り込んでいるのなら。 

5GBまで無料で転送

登録不要

デバイスを接続し、ファイルを共有するためのケーブル

1.ケーブルを使ってiPhoneからMacにファイルを転送する

iPhoneをMacに接続するだけで、iPhoneからMacへ、MacからiPhoneへファイルを転送できる。USBケーブルがあれば、この方法は簡単です。
  1. 最初のステップとして、USBコードの一方をiPhoneに、もう一方をMacに接続する。これで2つの間にリンクができ、両方のデバイスがすぐにお互いを検出することが確認できるはずです。
  2. Macのディスプレイ左上にあるFinderアイコンをクリックします。新しいFinderウィンドウが開きます。
  3. 左側のサイドバーを下にスクロールすると、「デバイス/場所」にあなたのiPhoneが表示されます。リンクをクリックしてください。
  4. ファイルを移動したい場所を選んでください。
  5. USB経由でMacからiPhoneにファイルを転送したい場合は、デスクトップから転送先のフォルダにファイルをドラッグするだけです。携帯電話からパソコンにファイルを移動したい場合は、目的のフォルダをブラウズし、ファイルをデスクトップにドラッグ&ドロップします。
AirDrop

2.AirDropでiPhoneからMacにワイヤレスでファイルを転送する

AirDropというアプリケーションを使えば、画像、動画、場所、ウェブサイトなど様々な種類のファイルを送ることができます。AirDropは、iPhoneとMacの間でデータを転送するための最も高速で効率的な方法の一つです。
AirDropは、iOSとmacOSのオペレーティングシステムのコアコンポーネントで、近くにいる相手と迅速かつ簡単にファイルを転送することができます。BluetoothとWiFiを利用しているため、デバイスがインターネットに接続されていなくても機能します。AirDropを使えば、画像、動画、ウェブページ、位置情報などをデバイス間で転送できます。
  1. MacとiPhoneを同じワイヤレスネットワークに接続するか、MacとiPhoneをBluetoothでリンクしましょう。
  2. iPhoneから転送したいファイルを開き、共有アイコンを押します。
  3. コントロールセンター」を起動したら、デバイスのWiFiとBluetoothを有効にします。
  4. その後、iPhoneでAirDropを有効にし、電話の設定を "Everyone/Contacts Only "に変更する。
  5. Macの "Finder "アプリでAirDropを選択し、"Go "ボタンをクリックしてAirDrop機能をオンにします。
  6. ドロップダウンメニューから「連絡先のみ/全員」を選択し、Macbookの「検出を許可する」オプションを有効にします。
  7. ファイル上で「共有」ボタンを探し、iPhoneの「AirDrop」オプションを選ぶ。
  8. あとはファイルの送信が完了するまで待つ。

3.iTunesを使ってiPhoneからMacにファイルを転送する

次は、iPhoneからMacにファイルを転送する方法をご紹介します。 iTunes.iPhoneからコンピュータにデータを転送する場合、ほとんどの人はまだiTunesを利用することを選択します。とはいえ、iTunesを使ってMacに転送できるのは、iOSデバイス上のファイル共有をサポートするアプリケーションのデータのみで、転送できるファイルの種類は限られています。

音楽、ムービー、写真、連絡先、カレンダー、デバイスのバックアップをiTunesアカウントと同期するには、2つの方法があります:

  1. USB
  2. WiFi

USB経由でiTunesを同期

これがあれば、iPhoneからMacへのファイル転送はとても簡単です:
  1. iTunesを開きます。最新バージョンであることを確認してください。
  2. iPhoneをコンピュータにUSB接続します。iTunesの左上隅にある「接続されたデバイス」にデバイスが表示されているはずです。
  3. デバイスのシンボルをクリックします。
  4. iTunesの左側にある「設定」を選択すると、同期できる素材の種類が表示されます。
  5. 必要なファイルを選択し、iTunesで同期をクリックします。
  6. iTunesの右下にある「適用」を選択します。自動的に同期が開始され、今後はUSBで接続しiTunesを開くたびにデバイスが同期されます。 

WiFiでiTunesを同期する

お使いのPCで最新バージョンのiTunesが動作していること、iPhoneとPCが同じWiFiネットワークに接続されていることを事前に確認していれば、WiFi経由で素材を同期するようにiPhoneを設定できます。この場合、iPhoneをコンピュータに接続するためのLightningコードが必要です。
  1. iPhoneをコンピュータにUSB接続します。
  2. iTunesアプリウィンドウの左上にある「デバイス」ボタンをクリックします。
  3. サマリー」タブは「設定」タブの下にある。
  4. WiFi経由でこのデバイスと同期する」の横にあるボックスにマークを付け、「適用」を選択します。
無線LANを使ったファイル転送

4.iCloudでiPhoneからMacにファイルを転送する

シンプルで使いやすい、 iCloud Drive アップルIDを使えば、iPhoneだけでなくデスクトップに保存されているデータにもアクセスできる。Apple IDを使えば、iPhoneだけでなくデスクトップに保存されているデータにもアクセスできる。

この方法を使うには、信頼できるWiFi接続が必要であることに留意してください。また、iPhoneとMacのOSが最新版であることを確認してください。以下の手順で同じことができます。

  1. デスクトップの左上にあるアップルのポップアップをクリックして、アップルメニューにアクセスします。
  2. メニューからPreferences Systemを選択します。
  3. iCloudをクリックしてください。
  4. Apple IDに関連付けられたメールアドレスとパスワードを使ってサインインします。
  5. iCloudを設定するには、画面の指示に従ってください。
  6. iPhoneの「設定」アプリに移動します。
  7. 表示されるメニューから「あなたの名前」を選択し、iCloudを選択します。
  8. iCloud Driveをオンにする。
  9. コンピューターのアップルメニューから「システム環境設定」をクリックします。
FileMail ファイル共有アプリ

5.FileMailを使ってiPhoneからMacにファイルを転送する

ファイルメール 大容量のビデオファイル、オーディオファイル、高画質の写真コレクション、その他あらゆる種類のメディアコレクションの送信は簡単です。私たちの iphoneファイル転送アプリ 使い方は簡単で、使用中にモバイルデータの制限を超えないようにするための「WiFiのみ」オプションもある。

5GB以下のファイルしか共有しないのであれば、登録する必要もなく、サブスクリプションを取得する必要もありません。FileMailを使えば、簡単なステップでiPhoneとMacの間でファイルを共有・受信することができます:
  1. FileMailモバイルアプリをダウンロード、インストール、起動します。
  2. ファイルを追加」をクリックする。
  3. 必要なファイルやフォルダに移動し、添付します。
  4. 電子メールとしてファイルを送信するか、ファイルをアップロードして共有可能なリンクを取得するかを選択できます。
  5. 電子メールとして送信」を選択した場合は、受信者の電子メールアドレスを入力します。必要であれば、任意のメッセージを送信してください。
  6. 送信ボタンを押す。
  7. 受信者には、ファイルのダウンロード方法が記載されたEメールが送信されます。
  8. リンクとして送信」を選択した場合、ファイルがアップロードされた後、リンクを受け取りますので、ファイルを共有したい相手と共有することができます。
  9. この例では、受信者であるマックユーザーは、私たちの デスクトップアプリ ファイルをダウンロードするために、UDP転送アクセラレーションを提供し、より高速で、より堅牢な接続を実現します。
長所と短所

6.iPhoneからMacにファイルを転送する方法 - さまざまなソリューションの長所と短所を探る

トランスファー・タイプ 長所 短所
AirDrop
近くにある受信機を自動的に検出するため、機器を接続する必要はない。
最新のMacモデル間の転送速度は約40MB/秒と遅い。 AirDropを公共のネットワークで使用すると悪用される可能性があるため、この機能を使ってあなたのMacにファイルを転送できるようにするには注意が必要です。
USBケーブル
簡単で使いやすい ファイル送信にインターネット接続を必要としない ファイルサイズが大きくても、送信速度が速い。
これは、USBケーブルが物理的に利用可能であることと、両方のデバイスが互いに近接していることに依存する。
iTunes
USBとWiFiの両方の接続に対応。 画像や動画などのファイルの画質劣化がない
すべてのiDeviceアプリケーションがiTunesファイル共有機能をサポートしているわけではありません。 個々のファイルや複数のファイルをインポートすることはできますが、フォルダをインポートすることはできません。
iCloud
クラウドストレージを利用してファイルを変更すると、すべてのデバイスが同期され、更新される。 iCloudサービスはiOS以外のデバイスとも互換性があるが、特にアップルのエコシステムと効果的に相互作用する。 クラウド・ストレージ・プロバイダーは、追加レイヤーによってサービスのセキュリティを強化している。
クラウドベースのファイル・ストレージにはインターネット接続が必要です。 クラウドからのデータのアップロードやダウンロードに関連するコストが蓄積される可能性がある。 サーバーが混雑している場合、ファイル転送が遅くなることもある。
ファイルメール
登録不要。5GBまでのファイルを無料で共有できます。 データの暗号化により、高速かつ安全に使用可能 大容量ファイルの転送を高速かつ効率的にサポート
インターネット接続が必要です。5B以上のファイルを共有するには、サブスクリプションが必要です。

あらゆるサイズのファイルを転送

受信者数、ダウンロード数、帯域幅が無制限

MacからMacへファイルを転送する方法

MacからMacへファイルを転送する方法

この記事では、MacからMacにファイルを転送する方法についての質問に答えるために7つの異なる方法をカバーしています。また、ステップバイセットの手順も説明しますので、提案されたソリューションをすぐに使い始めることができます。

アップルの統一されたオペレーティング・システムによって、アップルの多くのデバイス間でのファイルやフォルダの転送は、特定の状況下では非常に簡単になっている。したがって ファイルを共有する 新しいMacを購入したばかりで、以前使っていたノートパソコンから新しいMacにファイルを移したい場合、この方法はとても簡単だ。

あるMacから別のMacへファイルを移動したり、Mac間でデータを交換したりするには、いくつかの方法があります。この記事では、あらゆるタイプのデータ転送に適した、最も実行可能な方法について詳しく説明します。

5GBまで無料で転送

登録不要

移住アシスタント

1.移行アシスタントを使ってMac間でファイルを転送する

Appleの移行アシスタントは、すべてのファイルを送信元のMacから移行先のMacに転送するので、手動でコピーする必要はありません。ファイルが現在PCに保存されている場合は、PCへの移行手順に従ってください。
  1. 移行元Macと移行先Macのアプリケーションフォルダのユーティリティ領域で移行アシスタントを起動します。
  2. 送信側のMacで、変更の許可を求められたら、管理者パスワードを入力し、「OK」をクリックします。
  3. データの転送方法を尋ねられたら、Mac、Time Machineバックアップ、スタートアップディスクから転送するオプションを選ぶ。続行」をクリックしてください。
  4. 送信側のMacにセキュリティコードが表示されたら、それが新しいMacに表示されたものと一致していることを確認してください。その後、「続行」をクリックします。
  5. 新しいMacで、転送する情報を選択します。
  6. Continueを選択して転送を開始する。大規模な転送の場合、完了までに数時間かかることがあります。したがって、夕方に移行を開始し、一晩実行させるのが最も便利でしょう。
  7. 移行が完了したら、両方のマシンで移行アシスタントを終了し、新しいMacで移行したアカウントに接続してファイルを表示します。
アップルAirDrop

2.AirDropでMac間でファイルを転送

お使いのMacの両方がMac OS X Lionまたはそれ以降のバージョンを実行している場合、 AirDrop は、2台のMac間でファイルをすばやく共有する最も簡単な方法の1つで、両方のMacがアップデートされている限り、この機能を利用できます。2台のMacの間でファイルを転送するのにWiFiを使う必要はありません。2台のMacが近くにある限り、アドホックネットワークが自動的に構築されます。

AirDropを利用するには、Mac OSのFinder内で以下の操作を行う:
  1. AirDropを起動するには、キーボードのCommand + Shift + Rを押します。
  2. 別のMacにファイルを転送するには、まずそのMacが表示されるのを待ってから、そのMacにファイルをドラッグ&ドロップします。
  3. 受信側のMacでファイル転送を受け入れる。
アイメッセージ

3.iMessageを使ってMacからMacへデータを転送する

iMessageは単なるコミュニケーションの手段ではなく、ファイルの転送や共有にも役立ちます。iMessageを使って、あなたのMacから別のMacにリモートでファイルを転送することもできます。
  1. Macの「メッセージ」アプリケーションを起動します。アプリケーション」の「メッセージ」メニューに移動します。
  2. 新しいiMessageの会話を開始します。送信したい相手宛に送信します。
  3. ファイルやフォルダをメッセージボックスにドラッグ&ドロップするか、ファイルやフォルダをコピーしてウィンドウに貼り付けてください。
  4. 送信するには、リターンキーを押すだけです。iMessageでファイルやフォルダを送信すると、相手のMacがそれを受け取ります。
  5. その後、添付ファイルを右クリックし、"名前を付けて保存 "を選択すれば、iMessage内から簡単に保存できる。
  6. 最後に、相手のMacのダウンロード・フォルダーに保存する。
ブルートゥース

4.Bluetooth共有でMac間のデータ転送

では、MacからMacへファイルを転送するもうひとつの方法、Bluetooth共有についてご紹介しましょう。2台のMacが同じネットワークに接続されていない場合、2台のMac間でデータを転送するための実用的な方法です。

  1. ファイルを交換するために、送信側のMacBookを準備します。
  2. メニューバーのBluetoothアイコンをクリックするか、システム環境設定ボタンをクリックしてBluetoothを選択し、Bluetoothがオンになっていること、およびシステムがDiscoverableモードになっていることを確認して、接続先のMacでBluetoothを開きます。
  3. サービスに対してBluetooth共有オプションが有効になっていることを確認したら、ホストマシンのFinderに移動し、アプリケーションを選択し、ユーティリティをダブルクリックし、Bluetooth File Exchangeをダブルクリックします。
  4. その後、表示されるBluetooth File Exchange Finderボックスでファイルを選択し、共有ボタンをクリックして、送信したいファイルに移動することで、もう一方のMacにファイルを送信することができます。
  5. macOSのBluetooth接続ウィンドウをクリックするとExchangeが開きます。これにより、デバイスのPublicフォルダへのアクセス、デバイスからのファイルのダウンロード、デバイスへのファイルの転送が可能になります。
  6. 接続を受け入れるには、接続先となるMacで、表示されるConnection Request(接続要求)と書かれたボックス内のConnect(接続)をクリックします。
  7. ホストMacでは、Bluetooth接続ウィンドウが更新され、接続先システムがリンクされていることを示します。
  8. 送信先のMacでは、受信者に送信されるファイルを受け入れるかどうかを尋ねるウィンドウが表示されます。
  9. Macに保存するには、Acceptボタンをクリックします。

5.iCloud Storageを使ってMacからMacへファイルを転送する

間違いない、 iCloudストレージ は、アップルのエコシステムの様々な構成要素を結びつける、追跡不可能なリンクとして認識されているかもしれない。間違ってファイルを消してしまったり、コンピュータが手元にない場合でも、ファイルを復元することができます。また、iCloud Driveに保存されたファイルには、いつでも、どこからでもアクセスすることができる。

とても便利なことに、Apple IDを使うことで、すべてのMacbookやその他のデバイスのデータを同期することができる。ただし、転送したいファイルの同期をオンにする必要があります。
  1. システム環境設定を起動し、Apple IDをクリックし、iCloudを選択します。
  2. 同期に含めたいファイルをすべて選択します。
  3. 新しいMacでも同じログイン情報を使用する。 
  4. システム環境設定メニューを開き、Apple IDをクリックし、サインインをクリックします。
  5. Apple IDとパスワードを入力してください。
  6. 接続されているデバイスの1つから認証コードが送信される可能性があります。
  7. 秘密のコードを入力する。
  8. その後、「システム環境設定」>「Apple ID」>「iCloud」と進み、iCloudやその他のファイルストレージサービスを有効にする。 
Mac間でのファイル共有

6.ファイル共有を使ってMac間でファイルを転送する

macOSに内蔵されているファイル共有機能を使えば、最も簡単で安全なファイル転送ソリューションの1つです。共有オプションの中にあるこの機能を使えば、Mac上のファイルや様々なフォルダを、同じネットワーク上にいる承認されたユーザーやグループと共有することができます。 
  1. アップルメニューからシステム環境設定を選択し、システム環境設定ウィンドウを起動します。
  2. 共有設定セクションを選択します。共有設定パネルの左側には、共有可能なサービスのリストがあります。ファイルを共有]ボックスにチェックボックスを入れます。
  3. ファイル共有オンの文字の横に緑の点が表示されるはずです。その下にIPアドレスが表示されます。このIPアドレスは、今後の作業で必要になりますので、控えておいてください。
  4. 段落の右側にある「オプション」と書かれたボタンをクリックします。SMBでファイルとフォルダを共有]および[AFPでファイルとフォルダを共有]ボックスにチェックボックスを入れます。
  5. これであなたのMacは、レガシーMac用のAFPとMac OS X用のAFPを使ってファイルやフォルダを配布する準備が整いました。
  6. Macのアップルメニューからシステム環境設定を選択し、共有環境設定ペインをクリックしてクリックします。共有できる機能は、共有選択ペインの左側に沿ってリストされています。ファイル共有」にチェックが入っていることを確認してください。
  7. この時点で、ファイル共有オンの文字の横に緑色のチェックマークが付いていることに気づくはずです。IPアドレスはテキストのすぐ下に表示されています。IPアドレスは、後の手順で必要になりますので、メモしておいてください。
  8. テキストの右近くにある「オプション」と書かれたボタンをタップする。"SMBを使ってファイルとフォルダを共有する "というボックスと、"AFPを使ってファイルとフォルダを共有する "というボックスにチェックを入れる。
  9. これであなたのMacは、古いMac用に設計されたAFP経由で他のコンピュータとファイルやフォルダを共有する準備が整いました。
  10. ファイルを転送したい場合、画面上部にMacの詳細が表示され、その下に名前が表示されます。
  11. この名前は、あなたのMacへのアクセスを共有したい、ローカルワイヤレスネットワーク上の他のMacマシンにも提供することができます。
  12. 公開したいフォルダやファイルを、システム環境設定の「設定」メニューで設定した共有フォルダ「Public」に置きます。これで、もう一台のMacからアクセスできるようになります!
FileMail ファイル共有アプリ

7.ファイルメールでMac間でファイルを転送

マック・ユーザー同士でもウェブサイトを使ってファイルを共有することができますが、このセクションでは、以下のことを取り上げます。 ファイルメール・デスクトップ(Mac版.デスクトップアプリがインストールされていない場合や、デスクトップアプリをご利用になりたい場合でも、ウェブサイトとデスクトップアプリでファイルを送信する手順は同じです。

さらに、5GB以下のファイルを共有したい場合、FileMailを使うのに費用はかかりません。登録の必要もありません。

さらに、5GB以下のファイルを共有したい場合、FileMailを使うのに費用はかかりません。登録の必要もありません。

  1. デスクトップアプリを起動するか、当社ウェブサイトのホームページにアクセスしてください。
  2. ファイルを追加」をクリックする。
  3. 必要なファイルやフォルダに移動し、添付します。
  4. 電子メールとしてファイルを送信するか、ファイルをアップロードして共有可能なリンクを取得するかを選択できます。
  5. 電子メールとして送信」を選択した場合は、受信者の電子メールアドレスを入力します。必要であれば、任意のメッセージを送信してください。
  6. 送信ボタンを押す。
  7. 受信者には、ファイルのダウンロード方法が記載されたEメールが送信されます。
  8. リンクとして送信」を選択した場合、ファイルがアップロードされた後、リンクを受け取りますので、ファイルを共有したい相手と共有することができます。

プロフェッショナルな仕事をする場合、世界中にいる個人や組織にファイルを転送する必要があることはほぼ間違いないでしょう。 ファイルメール は、こんな時に便利です。難しい準備も、QRコードの読み取りも、ハードルはありません。ファイルを送るのは、メールを送るのと同じくらい簡単です。

ファイルメールデスクトップアプリを使えば、ドラッグ&ドロップの簡単な操作で、どんなサイズの巨大ファイルでも、どんなメールアドレスにも送ることができます。また、プライベートURLにファイルをアップロードして、他の人と共有することもできます。転送はFilemail UDPプロトコルによって強化され、インターネット経由で巨大なファイルを送信する最も迅速で信頼性の高い方法となっています。

長所と短所

MacからMacへファイルを転送する様々な方法の長所と短所を探る

トランスファー・タイプ 長所 短所
ファイル共有
これは、非常に速い転送速度を持つ、簡単な転送方法です。 お使いのMacはすでにローカルネットワークに接続されている可能性が高いため、この方法を設定し、有効にしてください。 ほとんどのユーザーにとって必要なのは、ファイル共有の設定と有効化だけかもしれません。
機能するためには、両方の機器がネットワークを共有する必要がある。
AirDrop
他の多くのオプションと比較して、AirDropはより速く、より安全です。 近くにいるレシーバーを自動的に見つけることができるので、デバイスを接続する必要はない。
最新のMacモデル間の転送速度はおよそ40MB/秒と、アプローチが遅い。 公共のネットワークで使用すると悪用される可能性があるため、AirDropで他人があなたのMacにファイルを転送することには注意が必要です。
ネットワーク共有
頻繁にファイルを送信したい人にとって、最も効率的な方法のひとつである。
機能するためには、両方の機器がネットワークを共有する必要がある。
移住アシスタント
使いやすい直感的なオプション すべてのファイルを複製し、どのユーザーアカウントを新しいMacに転送するかを選択できます。
すべてのファイルが複製されます。長年にわたってMacをアップグレードしてきた場合、何百、何千もの古くなったファイルがスペースを占有している可能性があります。
iCloud
クラウドストレージを使用すると、ファイルに変更を加えるたびに、すべてのデバイスが同期され、更新されます。 iCloudのサービスはiOS以外のデバイスでも機能するが、特にAppleのエコシステムとうまく統合されている。 クラウドストレージのプロバイダーは、サービスのセキュリティをさらに強化する。
クラウドベースのファイルストレージにはインターネット接続が必要です。 クラウドからデータをアップロードしたりダウンロードしたりすると、余計な出費がかさむ可能性がある。 サーバーに負荷がかかると、ファイルの転送が遅くなることもある。
ファイルメール
無料で使用でき、登録も不要です。 大容量ファイルにも対応 迅速でわかりやすい転送時間
インターネット接続が必要です。 非常に大きなファイルを共有するには、サブスクリプションが必要ですが、7日間の無料トライアルが利用可能です。

あらゆるサイズのファイルを転送

受信者数、ダウンロード数、帯域幅が無制限

テレグラムで大容量ファイルを送信する方法

電報で大容量ファイルを送る

Telegramは、世界で最も人気のあるメッセージングアプリの1つです。シンプルで、速く、安全で、無料です。Telegramは、プライバシーとセキュリティを重視しているため、より確立されたチャットアプリケーションに代わるものとして、最近人気を集めています。他のメッセージングアプリと同様に、このアプリを使ってファイルを共有することができます。ここでは、Telegramを使って大きなファイルを送信する方法について説明します。

Telegramの最も優れた点の1つは、非常に安全であることです。メッセージは、クラックが事実上不可能なシークレットソースを使用して暗号化されています。さらに、Telegramはエンドツーエンドの暗号化を提供する数少ないメッセージングアプリの1つです。つまり、あなたのメッセージは送信者から受信者まで完全に安全であるということです。

Telegramのもう一つの素晴らしい点は、そのスピードです。TelegramはSMSよりも速く、しかもかなり安価です。テレグラムは「データ圧縮」という技術を使っているので、とても速いのです。
テレグラムは、使い方がとてもシンプルなのも特徴です。ユーザー・インターフェースは合理的で、理解しやすい。最後に、Telegramは無料で使用することができます。サブスクリプション料や隠れたコストはありません。高速で安全、かつシンプルなメッセージングアプリをお探しなら、Telegramは素晴らしい選択肢です。iOS、Android、Windows、Macなど、すべての主要なプラットフォームで利用可能です。

5GBまで無料で転送

登録不要

セキュアロック

テレグラムのセキュリティ機能

Telegramは、メッセージングに最適な数々のセキュリティ機能を備えています。これらの機能は以下の通りです。
  • エンドツーエンドの暗号化。 Telegramのメッセージは、端から端まで暗号化されています。これは、送信者と受信者だけがメッセージを読むことができることを意味します。Telegramでさえ、メッセージを読むことはできません。
  • シークレットチャット Telegramには「シークレットチャット」という機能があり、これは暗号化されたチャットで、一定時間後に自己破壊されるものです。
  • クラウド型。 Telegramのメッセージはクラウドに保存されます。つまり、どのデバイスからでも自分のメッセージにアクセスできるのです。
  • オープンソースです。 Telegramはオープンソースです。つまり、誰でもコードを監査して、セキュリティホールがないことを確認することができるのです。
  • 二段階認証。 Telegramは2段階認証でセキュリティが強化されています。
  • データ圧縮。 Telegramは、データ圧縮を利用してメッセージを高速化します。
このように、Telegramはメッセージングに最適な機能を数多く備えています。高速で、安全で、使い方は簡単です。従来のSMSメッセージに代わるものをお探しなら、Telegramは素晴らしい選択肢です。
共有ファイル

Telegramでファイルを共有する方法

Telegramは、連絡先とファイルを共有するための様々な方法を提供します。を通じてファイルを共有することができます。
  • テレグラムグループ Telegramのグループ内で最大200人とファイルを共有することができます。
  • シークレットチャット シークレットチャットで1人とファイルを共有することができます。ファイルは一定時間後に自己破壊されるので、機密ファイルの共有に最適です。
  • クラウドです。 連絡先リストの誰とでも、ファイルを共有することができます。ファイルはクラウド上に保存され、どのデバイスからでもアクセスできます。大容量のファイルを多くの人と共有するのに便利な方法です。
  • ダイレクトメッセージ また、ダイレクトメッセージで連絡先リストの人とファイルを共有することも可能で、比較的簡単です。
ファイル共有はTelegramの最も優れた点の1つです。やり方は簡単だし、柔軟性も高い。グループでも、一人だけの秘密のチャットでも、ファイルを共有することができます。また、ファイルをクラウドに保存することで、どのデバイスからもアクセスできるようになります。
ファイル共有ができるメッセージングアプリを探しているなら、Telegramは素晴らしい選択肢です。使い方は簡単で、とても柔軟性があります。
制約

テレグラムのファイルサイズ制限

Telegramでは、1ファイルあたり2GBという制限があります。これはかなり高い制限で、圧縮された画像や文書、その類のものの送信に対応する。しかし、2GBを超えるファイルを送信する必要がある場合、回避策があります。

では、Telegramが扱えるサイズよりも大きなファイルを共有するにはどうしたらよいのでしょうか。代表的な方法をいくつか見てみましょう。

1.ファイルを複数のパーツに分割する

2GBを超えるファイルがある場合、それを複数のパーツに分割してTelegramで送信することができます。これは比較的簡単な方法で、大きなファイルの回避策として人気があります。
では、ファイルを複数に分割するにはどうすればよいのでしょうか。それにはいくつかの方法があります。HJSplitや7-Zipのようなファイル分割ツールを使用することができます。あるいは、WinRARやWinZipのようなファイル圧縮ツールを使って、ファイルを小さなパーツに圧縮することもできます。
ファイルを複数に分割したら、Telegramを通じて送信することができます。この方法は少し手間がかかるかもしれませんが、アプリを通じて大きなファイルを送るには良い方法です。
コンプレス

2.ファイルの圧縮

Telegramのファイルサイズ制限を回避するもう一つの一般的な方法は、ファイルを圧縮することです。これはWinRARやWinZipのようなファイル圧縮ツールで行うことができます。
ファイルを簡単に圧縮して小さくすることができます。WinRARやWinZipでファイルを開き、"アーカイブに追加 "を選択するだけです。そして、圧縮レベルを選んで、"OK "をクリックします。
これでファイルは圧縮され、Telegramで送信できるようになります。すべてのファイルの合計サイズが2GBを超えないようにすればOKです。
マルチプラットフォームアプリケーション

3.ファイルメールなどのクラウドベースのファイル共有ソリューションの利用

2GBを超えるファイルを共有する必要がある場合は、クラウドベースのファイル共有サービスを利用するのが一般的な対処法です。
ファイルをアップロードし、そのリンクを連絡先と共有するだけです。相手は、サービスから直接ファイルをダウンロードできるようになります。
クラウドベースのファイル共有サービスには様々なものがあるので、自分のニーズに合ったものを見つけることができるはずです。ファイルメールは、大容量のファイルを共有できる代表的なサービスのひとつで、とても使いやすいのが特徴です。
ファイルメールは、大容量のファイルを手間なく送信できる無料サービスです。使い方は簡単で、多くの機能を備えています。ファイルメールには4つのプランが用意されているので、自分のニーズに合わせて選ぶことができます。無料プランでは、5GBまでのファイルを送信することができ、これはほとんどの人にとって十分すぎるほどです。
メールやセキュアリンクを利用して、大容量ファイルを安心して簡単に共有することができます。ファイルメールには、以下のような多くの機能が搭載されています。
1.安全なファイル転送
データのセキュリティは、多くの人にとって大きな関心事です。機密性の高いファイルを共有するときは、確実に保護された状態で行いたいものです。ファイルメールはSSL/TLS暗号化により、転送中のデータを保護します。つまり、あなたのデータは盗聴者から安全に保護されるのです。
2.共有ファイルの追跡
Filemailを使えば、共有ファイルを簡単に追跡することができます。これは、ファイルの状態を把握する必要がある場合や、ファイルが届いたかどうかを確認する必要がある場合に、とても便利な機能です。
3.高速転送
ファイルメールは、カスタムメイドのUDP転送加速プロトコルを使用しています。 これにより、ファイルが大きくても高速に転送することができます。
4.個人情報保護への対応
ファイルメールでは、ファイルを保存する地域を選択することができます。この機能により、各国の規制や貴社のポリシーに簡単に対応することができます。
5.ウェブサイトの統合
ファイルメールは、HTMLコードを一行書くだけで、簡単にあなたのウェブサイトに組み込むことができます。この機能により、顧客からの大容量ファイルをWebサイト上で直接受信することができます。
6.カスタマイズとブランディング
ご希望であれば、Filemailをお客様のブランドに合わせてカスタマイズすることも可能です。ファイル共有ソリューションが御社のイメージに合うようにするための素晴らしい方法です。
全体として、Filemailは大きなファイルを共有する必要がある人に最適な選択肢です。使い方は簡単で、多くの機能を備えています。セキュリティやコンプライアンス機能も一流で、これは多くの人が評価するところでしょう。今すぐFilemailを試して、迅速かつ簡単にファイルを共有する方法を確認してください。
判断

結論

Telegramは、多くの柔軟性を提供する優れたメッセージングアプリです。グループでのファイル共有はもちろん、1人でのプライベートチャットも可能です。また、Telegramは、クラウドを介したファイル共有、ファイルの圧縮、ファイルの複数分割など、さまざまなファイル共有の方法を提供しています。
2GB未満のファイルを共有する必要がある場合は、上記の方法のいずれかを使用できます。しかし、大きなファイルを送信する必要がある場合は、クラウドベースのファイル共有サービスが最適です。ファイルメールには、他のサービスと一線を画すさまざまな機能が用意されているので、ぜひ試してみてください。

あらゆるサイズのファイルを転送

プロフェッショナルプラン、ビジネスプラン、エンタープライズプランがあります

コンピュータのファイルをバックアップする方法

コンピュータのファイルをバックアップする方法
デジタル資産を削除、破損、ウイルスなどの危険から守るために、バックアップとリカバリが重要であることは、ほとんどの個人や組織が理解しています。そのため、バックアップは最後の防衛線と考えられています。このように、コンピュータのファイルをバックアップする方法は複数あり、これからさらに検討していきます。

5GBまで無料で送信

登録不要

データのバックアップ

はじめにファイルバックアップとは?

要するに、事故や人為的なミスによるデータの重大な損失から守るのがファイルバックアップである。バックアップはバックアップファイル形式でファイルシステムのバックアップを書き込み、リストアはファイルシステムのバックアップを読み込むもので、それぞれ異なるコマンドで扱われます。
ファイルのバックアップを作成するには、重要なシステムや個人情報のコピーをハードディスク、外付けのバックアップドライブやフラッシュドライブなどのストレージオプションに保存する必要があります。システム障害やファイル破損の際に情報を保護するために、日常的なコンピュータメンテナンスの一環としてデータのバックアップを作成することが不可欠です。
データやデジタルファイルをバックアップしたり、保存したりするためのオプションは非常に多様です。ここでは、バックアップやアーカイブのために個人で使用される最も一般的なデータストレージデバイスについて調べました。
デジタルメディア

バックアップしたいものの種類

一般に、自分が作成したファイルは、バックアップをとっておくべき種類のファイルです。ご存知のように、データの損失は日常茶飯事です。ハードディスクがある時点で破損してしまうこともあり得ます。また、ウイルス感染、ランサムウェア攻撃、Windowsアップデート、停電、およびその他の要因によってファイルが失われる可能性もあります。したがって、データの損失を防ぐために、ファイルのバックアップは非常に重要です。

さまざまなプロジェクト

プログラミング、ビデオ編集、写真撮影など、クリエイティブな作業を行う場合は、特にデータのバックアップを取るようにしてください。

ダウンロード

デフォルトでは、ダウンロードされたファイルはコンピュータのダウンロードフォルダーに保存されます。ほとんどのオンラインブラウザやメディアをダウンロードするための多くのプログラムは、このフォルダーをダウンロードのデフォルトの場所として選択します。
不要になった大容量ダウンロードをまず消去するのもよいですが、念のため、このフォルダのバックアップを作成しておくとよいでしょう。何ヶ月も前にダウンロードしたソフトウェアのインストールやPDFがある場合、いつ必要になるかわかりません。

アプリケーション

また、すべてのアプリのバックアップをとっておくこともよいでしょう。そうすることで、大惨事の際の復旧作業で再インストールが簡単になります。このため、インターネットからダウンロードしてインストールした新しいアプリケーションは、通常のバックアップ手順の一環として自動的にバックアップされる専用のフォルダーに入れることをお勧めします。

インターネットブラウザのお気に入りやブックマーク

ブックマーク(お気に入り)の保存場所は、現在お使いのインターネットブラウザによって異なる場合があります。例えば、Windowsをお使いの場合、Internet Explorerでは、ユーザーアカウントフォルダ内のお気に入りフォルダにブックマークが保存される場合があります。Google Chrome、Firefoxなどの他のブラウザは、同期機能により、さまざまなデバイスでブラウザの設定(ブックマークを含む)を同期することができます。
外部装置

手動バックアップ

手動バックアップでは、データをバックアップするたびにバックアッププロセスを開始する必要があります。これは、自分自身の運命をコントロールしたいと願う個人のためのものです。つまり、必要だと判断したときに、手動でウェブサイトをバックアップするのです。
バックアップするファイル、バックアップ先、保存する頻度を決める必要があります。これには時間が必要ですが、あなたにはないかもしれません。
選択したサービスによって、Webサイトのバックアップの正確な手順や方法が異なる場合があります。手動バックアップのもう一つの方法は、すべてのファイルとデータのバックアップを手動でダウンロードし、作成することです。
オートメーション

自動バックアップ

自動バックアップは、ローカルネットワーク/システムからバックアップ施設にデータをバックアップし、保存するデータバックアップのパラダイムを表すもので、人間がほとんど関与することなく行われる。バックアッププロセスを自動化することで、コンピュータ、ネットワーク、または情報技術環境を手動でバックアップすることに伴う時間と複雑さを解消します。
時間は最も貴重な資源の一つですから、自動バックアップが時間を節約するという事実は注目に値しますし、注目されるべきです。カレンダーに予定を入れるだけで、あとはすべてシステムがやってくれます。
さらに、オンライン取引では、スピードと同様にセキュリティも重要です。自動バックアップを行うプロバイダーは、バックアップされたデータのセキュリティを維持する責任があります。
記憶装置

方法1:外部物理記憶装置

外付けストレージデバイスをコンピュータに接続するだけで、これ以上ないほどシンプルな作業が可能です。もちろん、ドライブにはさまざまな形、サイズ、組み合わせがあります。基本的なドライブはそれほど高価ではありませんが、それはあなたが仕事をするために座って待っているだけで、何もしないでしょう。現在、ほぼすべてのドライブが高速のUSB-A 3.0またはUSB-Cインターフェイスを使用しています。
外付けハードディスク、SDカード、フラッシュメモリーなどが物理ストレージの一例です。このようなストレージを利用することで、インターネットに接続しなくてもファイルを見ることができたり、上司や家族に物理的にファイルを渡すことで、誰にもデータをいじられることなく、データを転送することができます。

しかし、外付けデバイスの場合、物理的な破損や置き忘れの心配があります。 

ディスクイメージクローニング

方法2:ディスクイメージクローニング

ハードディスクまたはハードディスクの特定のパーティションのクローンを作成することは、コンピュータをバックアップする一般的な方法の1つです。これは、ドライブ全体またはドライブのパーティションの同一で圧縮されていないクローンを生成します。
イメージは、すべてのデータ(すべてのファイルとフォルダ、アプリケーションとシステムファイル)のコピーであり、ある時点のハードディスクのスナップショットを取ることによって作成されます。クローンやイメージを復元に利用すると、現在のフレームワークが上書きされ、ハードディスクはバックアップやクローニングを行った時点の状態に戻ります。
ディスククローンは非圧縮であるため、バックアップ先ドライブやクラウドに瞬時にコピーすることができ、常に最新の同一データを保持することができます。
バックアップの場合、クローン作成は迅速な復旧に役立ちますが、イメージングではより多くのバックアップの可能性を提供します。増分バックアップのスナップショットを取ることで、多くの追加スペースを取ることを気にすることなく、複数の写真を保存することができます。
ランサムウェアやその他のデータ災害の被害に遭い、システムを以前のディスクイメージに復元する必要がある場合、これは非常に重要なことです。
マルチプラットフォームアプリケーション

方法3:オンラインのクラウド型ソリューションの利用

今や、自信を持って「クラウドの時代」と言えるでしょう。以前は専門的なサービスと考えられていたオンライン・バックアップは、今や重要な情報に対する標準的な方法とみなされています。コンピュータのファイルをバックアップする最も現実的な方法の1つになっているのです
クラウドバックアップは、オンラインバックアップやリモートバックアップと呼ばれることもあり、機器の故障や自然災害に備えて、物理ファイルや仮想ファイル、データベースの複製を二次的にオフサイトに転送して保存する技術である。
一般的に、セカンダリサーバとデータストレージ構造は、サードパーティのサービスプロバイダによってホストされており、使用されたストレージスペースまたは容量、転送されたデータ量、顧客数、サーバ数、またはデータが利用可能になった回数に基づいて、バックアップ顧客に課金されます。
クラウドに自動でバックアップしてくれる同期ソフトと、手動でバックアップする方法があります。
複数のコンピュータやデバイスを使用するすべての人に不可欠な同期ソフトウェアは、すべてのコンピュータで同じファイルを保存することを保証します。さらに、モバイル機器からも一般的に利用することができます。
ファイルを変更すると、その変更がアカウントに接続されている他のすべてのPCに、たとえ異なるOSを実行しているPCであっても自動的に伝達されます。冗長性の極みです。
クラウドストレージを利用することで、ユーザーはオンプレミスのストレージシステムを訪問することなく、世界中のどこからでもデータを共有しアクセスすることができます。クラウドストレージは、情報を遠隔地のサーバーに保存し、そこから遠隔地での保守・管理、バックアップ、取り出しが可能です。

あらゆるサイズのファイルを転送

高速で安全なファイル転送

電子メールが安全でない理由

電子メールは安全ではありません
ハッキングされたメールやフィッシング詐欺など、メールのセキュリティに関する恐ろしい話を聞いたことがあります。そして、多くの人がメールは安全な通信媒体ではないと考える理由は簡単です。しかし、もっと深く掘り下げてみると、電子メールが安全でない理由を補強するような問題に出くわすことがあります。

セキュリティ上の懸念はあるものの、40億人以上のユーザーを持つ電子メールは、現在でも最も人気のあるコミュニケーション手段の一つです。によると ラディカティグループが実施する年次報告書によると、ビジネスおよび消費者が日常的に送受信する電子メールの総数は、2021年には3190億通を超え、2025年末には3億7600万通超になると予想されています。

しかし、ある情報が示唆するように、本当に電子メールは安全なのでしょうか?答えは、イエスでもありノーでもあります。電子メールは、プライベートメッセージングアプリや安全な電子メールサービスなど、他の通信方法と比べると確かに安全ではありません。

しかし、ちょっとした注意と常識があれば、電子メールは比較的安全な通信手段であることに変わりはありません。ただし、機密ファイルの送信には使用しないでください。

5GBまで無料で転送

登録不要

メールセキュリティの問題点

電子メールが他の通信手段に比べて安全でない理由はいくつかあります。まず、電子メールは暗号化されていないため、電子メールで送信された情報は、第三者の攻撃による傍受から保護されないということです。
電子メールは「ブロードキャスト」コミュニケーションメディアです。つまり、多数の受信者に送信された電子メールは、意図した受信者以外の誰かに読まれる可能性が高いのです。また、偽のメールアカウントを作成して他人を装い、詐欺やフィッシングに利用することも非常に簡単です。
電子メールのセキュリティに関するもう一つの問題は、攻撃者が友人や同僚など信頼できる送信元から送られたように見せかける偽の電子メール(「フィッシング」攻撃として知られています)を送ることがしばしば容易であることです。このようなメールには、悪意のあるウェブサイトへのリンクや、マルウェアに感染させるような添付ファイルが含まれていることがよくあります。
さらに、多くのメールサーバーは安全ではないため、第三者による攻撃で簡単にメールを傍受・閲覧されてしまう可能性があります。これは特に、Gmail、Yahoo!メール、Hotmailなどのパブリックメールサーバーに当てはまります。また、メールプロバイダーは、ターゲット広告を配信するために、お客様のメールにアクセスすることができます(実際にアクセスされています)。
結論から言うと、電子メールの危険性は以下の通りです。
  • 電子メールは暗号化されていないため、電子メールで送信された情報は、第三者の攻撃による傍受から保護されません。
  • 電子メールは「ブロードキャスト」コミュニケーションメディアであり、多数の受信者に送信された電子メールは、意図した受信者以外の誰かに読まれる可能性が高いことを意味します。
  • 偽のメールアカウントを作り、他人を装うことは非常に簡単で、詐欺やフィッシングに利用することができます。
  • 電子メールは、第三者の攻撃によって簡単に傍受され、読まれる可能性があります。
  • お客様の電子メールメッセージは、ターゲット広告を配信するために、お客様の電子メールプロバイダーによってアクセスされる場合があります。
機密ファイルを送信しない

メールを使って送ってはいけないものの種類

電子メールで送ってはいけないもの、それはハイリスクとみなされるものです。何がハイリスクで何がハイリスクでないかは、文脈によって変わるので、ちょっと難しいかもしれません。
電子メールは、パスワード、クレジットカード番号、銀行口座の詳細など、機密情報を送信する安全な方法とは言えません。機密情報を送信する必要がある場合は、安全なメッセージングアプリや暗号化されたメールサービスを使用する必要があります。

高解像度の画像や大きなファイルは、第三者の攻撃によって簡単に傍受・盗用されてしまうため、電子メールでの送信は避けた方が良いでしょう。また、機密情報を電子メールに添付して送信することも、意図した受信者以外の人が簡単に開いてしまう可能性があるため、避けた方がよいでしょう。

個人情報や金銭的な情報は、詐欺師やID泥棒に簡単に盗まれる可能性があるため、電子メールで共有するのは得策ではありません。また、知らないメールアドレスからのリンクをクリックしたり、添付ファイルをダウンロードしたりすると、マルウェアやウイルスが含まれている可能性があるので、注意が必要です。
また、知らない人とのコミュニケーションにEメールを使うのは避けるべきです。詐欺師やフィッシャーは、信頼できる送信元からのメールに見せかけた偽のメールを送ることが簡単にできるので、メールは見知らぬ人とのコミュニケーションに安全な方法とは言えません。
電子メールの危険性について学び、いくつかの簡単な予防策を講じることで、あなたの電子メールが傍受されたり、危険にさらされたりするリスクを減らすことができます。今度「送信」ボタンを押すときは、一度立ち止まって、「このメールは本当に安全なのか」と自問してみてください。

機密文書を安全に送信するための代替手段

機密文書を電子メールで送信することは、第三者の攻撃者が簡単に情報を傍受し、読むことができるため、安全なプロセスとは言えません。詐欺師やID泥棒に簡単に盗まれる可能性があるため、機密文書を電子メールで送信することは絶対に避けてください。
機密文書を送信する必要がある場合、電子メールに代わる安全な手段が数多くあります。ここでは、そのいくつかをご紹介します。

1.プライベートメッセージングアプリ

コミュニケーションアプリ
WhatsApp、Facebook Messenger、Signalなどのプライベートメッセージアプリは、友人や同僚と安全にコミュニケーションするための優れた方法です。これらのアプリはエンドツーエンドの暗号化を使用しているため、メッセージは暗号化され、意図した受信者のみが読むことができます。
長所 短所
メッセージは暗号化され、第三者の攻撃から読み取ることはできない
すべてのアプリがエンドツーエンドの暗号化を提供しているわけではない
多くのアプリが高度なセキュリティとプライバシーを提供する
一部のアプリは安全性が低い
ファイルサイズの制限により、大きなファイルを送ることができない

2.セキュアメールサービス

電子メール
ProtonMailやTutanotaなどの安全な電子メールサービスは、高いレベルのセキュリティとプライバシーを提供します。これらのサービスでは、エンドツーエンドの暗号化を使用しています。つまり、あなたのメッセージは暗号化され、意図した受信者だけが読むことができるのです。
長所 短所
メッセージは暗号化され、第三者の攻撃から読み取ることはできない
すべてのアプリがエンドツーエンドの暗号化を提供しているわけではない
多くのアプリが高度なセキュリティとプライバシーを提供する
一部のアプリは安全性が低い
添付ファイルのサイズ制限により、大きなファイルを送ることができない

3.ファイル暗号化プログラム

暗号化
VeraCrypt や BitLocker などのファイル暗号化プログラムは、機密ファイルを安全に保管するための優れた方法です。これらのプログラムは強力な暗号化アルゴリズムを使用しているため、サードパーティの攻撃からファイルを保護することができます。
長所 短所
ファイルは暗号化され、第三者の攻撃から読み取ることはできない
プログラムは、すべてのプラットフォームで利用できるわけではありません
技術的な能力があれば、プログラムは簡単に使用できる
ファイル暗号化プログラムは、人によっては複雑で使いにくい場合がある

4.USBスティック

ペンUSBドライブ
USBメモリは、機密ファイルを安全に保管するための優れた方法です。USBメモリは暗号化できるので、第三者の攻撃からファイルを保護することができます。
長所 短所
USBメモリは持ち運びが可能で、どこにでも持ち運ぶことができる
USBメモリは紛失や盗難の可能性があります
USBメモリは使い勝手がいい
すべてのUSBメモリが暗号化されているわけではありません
USBメモリは、一般的に記憶容量が比較的小さい

5.クラウドストレージサービス

マルチプラットフォームアプリケーション
iCloud、Google Drive、DropBoxなどのクラウドストレージサービスは、ファイルを安全に保存するための優れた方法です。これらのサービスでは強力な暗号化アルゴリズムを使用しているため、第三者による攻撃からファイルを保護することができます。
長所 短所
ファイルは暗号化され、第三者の攻撃から読み取ることはできない
すべてのサービスがエンドツーエンドの暗号化を提供しているわけではない
多くのサービスが高いセキュリティとプライバシーを提供する
一部のサービスは安全性が低い
大容量ファイルの送信には有料会員登録が必要です

6.ネットワーク・アタッチド・ストレージ(NAS)

ネットワーク型
ネットワーク接続型ストレージ(NAS)は、ファイルを安全に保存する優れた方法です。NASデバイスはUSBメモリに似ていますが、他のユーザーとファイルを共有できる、ファイルをバックアップできるなど、多くの利点があります。
長所 短所
ファイルは暗号化され、第三者の攻撃から読み取ることはできない
NASデバイスは紛失や盗難に遭う可能性がある
NASデバイスは持ち運びができ、どこにでも持ち運ぶことができる
すべてのNASデバイスが暗号化されているわけではない
NASデバイスの使い勝手の良さ

結論

電子メールは機密文書の安全な送信手段ではありません。電子メールで機密文書を送るのは必ずしも容易ではありませんし、第三者の攻撃によって文書が読み取られる危険性もあります。電子メールに代わるさまざまな安全な方法について知っておくことは、機密文書を安全に保管するのに役立ちます。
機密文書を送信する必要がある場合、電子メールに代わる安全な手段が数多く存在します。自分に合った代替手段を選ぶ前に、十分に調査することが重要です。安全性が高く、高度なプライバシーを提供するサービスを選ぶようにしましょう。

あらゆるサイズの大容量ファイルを送信

機密文書を安全に共有するために

Outlookで大容量ファイルを送信する方法

アウトルックを使って大きなファイルを送信する方法

巨大なファイルを扱うことはありませんか?このような場合、電子メールでの転送に苦労された経験があるのではないでしょうか。そのために 大きなファイルを送る Outlookやその他のメールソフトを使うと、何時間もかかってしまいます。

大容量のファイルを転送する場合、必要なツールがないと難しいかもしれません。これは、顧客にプロモーションフィルムを送る場合でも、チームメンバーに大きなデータセットを送る場合でも同じことです。しかし、電子メールで巨大な添付ファイルを送信するためのさまざまな方法が用意されているので、これは大きなハードルにはならないはずです。

5GBまで無料で転送

登録不要

制約

Outlookのファイルサイズ制限とは何ですか?

誰かにファイルを送ろうとしたら、相手のメールサービスプロバイダーから「ファイルが大きすぎる」と言われたことはありませんか?残念ながら、これはよくあることで、イライラさせられる問題です。

 添付ファイルのサイズは、メールプロバイダーやソフトウェアによって制限されることがよくあります。Outlookの電子メールで巨大なファイルを送信しようとすると、困難が伴う場合があります。これは、Outlookのデフォルトのファイルサイズ制限が100MBであることに起因しています。

Outlookで大容量ファイルを送信する際の問題点

なぜ最初から巨大なファイルを送信できないのか、戸惑うことがあるかもしれません。電子メールで巨大なファイルを送信すると、サーバーの速度が低下したり、電子メールプロバイダーのデータベースの容量を過剰に消費したりすることがあります。
ファイルサイズを制限することで、インターネットサービスプロバイダ(ISP)の大半のアップロードしきい値を超える非常に大きなファイルを繰り返しアップロードしようとすることを防ぐことができます。
Outlookなどのインターネットメールアカウントのデフォルトの結合ファイルサイズ制限は20メガバイト(MB)ですが、Exchangeアカウント(ビジネスメール)のデフォルトの結合ファイルサイズ制限は10メガバイト(MB)です。最大サイズ制限を超えるファイルを添付しようとすると、エラー通知が表示されます。
一歩一歩

Outlookで大容量ファイルを送信する方法 Step-By-Step

Microsoft Outlookの電子メールで添付ファイルを送信することは、画像、レポート、またはその他のドキュメントを送信しているかどうかにかかわらず、他の人にファイルを送信するための簡単な方法です。あなたが電子メールメッセージにファイルを添付することを選ぶたびに、Outlookはあなたが最近作業したファイルのメモを維持し、その都度あなたにそれらを提案します。
PCやOneDriveなどのストレージアカウントにあるファイルをメールメッセージやカレンダーイベントに添付し、「ファイルを添付」機能を使って他の人と共有することができます。メールメッセージやカレンダーイベントに画像を追加することもできます。
今後、ユーザーが大容量ファイルを送信できる可能性のある2つのオプションを検討します。OneDriveとFilemailです。

1.OneDriveで大容量ファイルを送信する

OneDriveは、Microsoftが提供する人気のクラウドストレージであり、大きなファイルを送信するための実行可能なオプションであることを表しています。注意点として、無料のOutlookアカウントをお持ちの場合、自動的にOneDriveに15GBのストレージスペースが提供されます。
プランに加入することでさらに容量を増やすことができ、最大で1TBのストレージを利用することができます。大容量のファイルを送信する必要があるOutlookユーザーは、OneDriveを利用すると便利かもしれません。ただし、OneDrive for Businessにファイルを保存してからでないと、他の人と共有することはできません。
会社のOffice 365アカウントにログインしていれば、他のチームメイトとファイルを共有することができます。その場合、あなたが提供したリンクを使用してドキュメントを参照することができます。
また、組織内の誰とでもアイテムを共有したため、各個人のOneDriveに「共有」>「私と共有」フォルダーで表示されることも特筆すべき点です。その結果、組織内の誰もが、Office 365 環境内のどこに表示されていても、例えば誰かがそのファイルを検索すれば、アクセスできるようになります。
1.OneDriveのウェブサイトにアクセスし、Microsoftのアカウント情報(または職場や学校のアカウント)を使ってサインインします。
2.共有したいアイテムの右上にある丸いマークをクリックすると、新しいウィンドウで開きます。OneDriveのインターフェースに入ると、アカウントに新しいファイルまたはフォルダをアップロードするための選択肢が表示されます。
3.ファイルをアップロードするオプションを選択します。共有ボタンは、本サイトの各ページの上部に表示されています。
この場合、ファイルのフォルダ全体をアップロードすることも可能ですが、この場合はファイルタブを使用した方がよいでしょう。OneDrive上でファイルアップロードのサイクルが開始されます。インターネット接続の品質やファイルサイズによっては、アップロードに数分から数時間かかる場合があります。
4.ファイルを共有する相手に変更を許可するかどうかを、鉛筆のマークをクリックして「編集」または「表示」を選択します。ファイルやフォルダーにアクセスできる人には、そのファイルへのリンクが付いた電子メールが送信されます。ドキュメントが目的の受信者に表示されたという情報を受け取ると、確認の電子メールが送信されます。
投稿後、他の人がファイルを変更できるようにしたい場合は、その可否を指定します。権限の変更]ボタンをクリックして、共有したファイルをどのように扱うかを決定します。2つの選択肢のいずれかを選択することが可能です。
マルチプラットフォームアプリケーション

ファイルメールを使ってOutlookで大容量ファイルを送信する

ファイルメールは、大容量ファイルを他人に送るための最も迅速で便利な方法の一つを代表するものです。Filemailは、ユーザーが世界のどこからでも、あらゆるサイズの巨大ファイルを送受信できるようにする、多数のアプリケーションとサービスを含むウェブベースのプラットフォームです。ユーザーフレンドリーなアプリと光速のクラウドアーキテクチャにより、あらゆるデバイスから記録的な速さで大容量ファイルを転送することが可能になります。

を使用する場合 Filemail Outlookアドインを利用すれば、Outlook 2013/2016/2019から直接巨大なファイルを転送することができます。通常Outlookで行うのと同じ方法でファイルを添付し、送信をクリックします。添付ファイルはメールから削除され、代わりに当社のサーバーにアップロードされるため、受信者にとってはより小さく、より届きやすいメールになります。

Filemalの唯一の制限は、無料のアカウント不要のサービスに関連しているあなたは、ファイルの数を無制限にアップロードすることができますが、彼らは無料と見なされるために、各アップロードセッションのサイズの合計で5GB以上になってはならないということです。24時間以内に、2つの転送セッションが許可されています。すべてのサブスクリプションプランは、あなたに無制限のアップロードセッションを提供し、あなたは彼らがどんなに大きいか、任意のサイズのファイルをアップロードすることができます。
また、ダウンロード制限の心配もありません。他の人とファイルを共有し、共有フォルダから他の人が何度でもファイルをダウンロードすることが可能です。
ファイルメールにファイルをアップロードする方法は、あなたが完全にコントロールできます。ウェブブラウザ、Filemailのデスクトップアプリケーション、iOSアプリケーション、Androidアプリケーションのいずれかを使用します。
1.ファイルまたはフォルダーを選択する

アップロードするファイルをコンピュータのハードディスクから選択します。または、ファイルをドラッグ&ドロップしてください。ファイルを共有したい人のメールアドレスを送信するかどうかを選択できます。 

2.ファイルのアップロード

送信をクリックすると、すぐにファイルのアップロードを開始します。エンドツーエンドの暗号化と安全なファイルホスティングシステムで保護されているので、あなたのファイルは安全です。

3.人々があなたのファイルをダウンロードする

アップロードが完了すると、ファイルメールはデータをクラウドに保存します。 ステップ1でメールを送った人は、ファイルをダウンロードすることができます。また、アップロードしたファイルへの直リンクを他の人に配布することもできます。

あらゆるサイズのファイルを共有

Outlookから直接ファイル共有を開始

大容量ファイルをインターネット上で共有する方法

インターネット上での大容量ファイルの共有方法

を考えようとする苦労は、誰しもが知っている。 大容量ファイルを共有する インターネット上で文書、写真、ビデオなど、あるコンピューターから別のコンピューターへの転送には、イライラするほど時間がかかることがあります。しかし、適切なツールを使えば、そのようなことはありません。

Googleで「インターネット上で大容量ファイルを共有する方法」を検索すると、たくさんの選択肢が出てきます。しかし、そのすべてが同じように作られているわけではありません。小さなファイルを送るのに向いているサービスもあれば、大きなファイルを送るのに向いているサービスもあります。
インターネット上で大容量ファイルを共有する方法はいくつもありますが、すべてが同じように作られているわけではありません。この記事では、大容量ファイルを共有するための最も一般的な方法のいくつかを探り、それぞれの長所と短所について説明します。さあ、はじめましょう

5GBまで無料で共有できます。

登録不要

コンプレス

ファイルの圧縮

ファイルを送信する前に、できるだけ圧縮されていることを確認することが重要です。そうすることで、送信にかかる時間が短縮され、帯域幅も節約できます。
ファイルを圧縮する方法はいくつもありますが、最も一般的なのはZIP圧縮でしょう。WinZipや7-Zipなど、ほとんどのファイル圧縮ツールがこの形式を採用しています。
WinZipや7zipなどの圧縮ソフトを使って、ファイルを圧縮するのはとても簡単です。圧縮したいファイルを選択して右クリックし、「圧縮」オプションを選択するだけです。そうすると、サイズが小さく、送信に時間がかからない新しい圧縮ファイルが作成されます。ファイルはZIPファイルとして保存され、インターネット上で送信することができます。
電子メール

大容量ファイルを送信するためのメール

インターネット上でファイルを送信する最も一般的な方法は、電子メールです。これは、特別なソフトウェアやツールを必要としない、迅速かつ簡単な方法です。また、電子メールは世界中でサポートされているため、ほとんどの人が使えるという利点もあります。

への 電子メールでファイルを送信するそのファイルを電子メールに添付して相手に送ります。相手は添付ファイルを開いて、自分のコンピューターに保存することができます。とても簡単です。

電子メールの欠点は、特にファイルが大きい場合、速度が遅く、信頼性が低いことです。また、メールサーバーが過負荷になることもあり、ファイルのダウンロードに長い時間がかかることがあります。さらに、電子メールは小さなファイルには適していますが、大きなファイルには不向きです。電子メールの添付ファイルの最大サイズは通常25MB程度であり、大きなファイルには十分でない場合があります。
ペンUSBドライブ

ペンドライブ/USBドライブを使用する

25MB以上のファイルを送信する必要がある場合は、ペンドライブやUSBドライブを使用することができます。これは、コンピュータ間でファイルを保存したり転送したりするために使用できる物理的なデバイスです。
USBメモリは、1GBから128GBまで、さまざまなサイズがあります。また、比較的安価なため、大容量のファイルを転送するのに適しています。しかし、USBポートのあるパソコンが近くにない場合は、不便に感じることもあります。
USBドライブを使用してファイルを送信するには、まずファイルをドライブにコピーします。次に、受信者のコンピューターにドライブを挿入し、ドライブを開きます。ファイルがコンピュータのハードディスクに保存されます。
USBドライブの欠点は、持っている人を見つけるのが難しいことです。さらに、誰もがUSBドライブを持っているわけではないので、誰もがこの方法でファイルを受信できるわけではありません。ですから、より多くの人にファイルを送る方法を探している場合、USBドライブは最適な選択肢とは言えないかもしれません。
外付けドライブ

大容量ファイルの共有に外付けハードディスク

大容量ファイルの送信には、外付けドライブを使用する方法もあります。これは受信者のコンピュータに差し込む物理的な装置で、ファイルの保存や転送に使用することができます。
外付けドライブは、数ギガバイトから数テラバイトまで、さまざまな大きさのものがあります。また、選ぶサイズや種類によっては高価になることもあります。また、外付けドライブが相手のコンピュータと互換性があるかどうかも重要なポイントです。
外付けドライブを使用してファイルを送信するには、まずファイルをドライブにコピーします。次に、お使いのコンピューターからドライブを取り外し、受信者のコンピューターに接続します。ファイルは、コンピュータのハードディスクに保存されます。
外付けドライブの欠点は、持っている人を見つけるのが難しいことです。また、誰もが外付けドライブを持っているわけではないので、誰もがこの方法でファイルを受信できるわけではありません。
サーバールーム

FTPを使用する

25MB以上のファイルを送る必要があり、相手がUSBドライブや外付けドライブを持っていない場合、FTPを利用することができます。FTPとは、File Transfer Protocolの略で、パソコン間でファイルを転送する方法です。
FTPを使ってファイルを送信するには、まずFTPサーバーを見つける必要があります。これは、ファイルを保存し、共有するために特別に設定されたコンピュータです。最も人気のあるFTPサーバーはFileZillaで、無料でダウンロードすることができます。
FTPサーバーをインストールしたら、それを開いて新しい接続を作成することができます。Connect to Serverウィンドウで、FTPサーバーのアドレスを入力し、Connectをクリックします。ユーザー名とパスワードの欄は、自動的に入力されます。
次に、ファイルが保存されているフォルダーに移動します。ローカルウィンドウからリモートウィンドウにファイルをドラッグし、[アップロード]をクリックします。ファイルがFTPサーバーに転送され、指定されたフォルダーに保存されます。
FTPの欠点は、FTPサーバーを見つけるのが困難なことです。また、誰もがFTPの使い方を知っているわけではないので、誰もがこの方法でファイルを受信できるわけではありません。
クラウドコンピューティング

クラウド型ファイル共有サービス

クラウド型ファイル共有サービス は、大容量ファイルを送信するためのもう一つの選択肢です。これらのサービスでは、インターネットにファイルをアップロードして、他の人と共有することができます。

これらのサービスは使い勝手がよく、ほとんどのサービスには無料版があり、一定のサイズまでファイルを送信することができます。最も人気のあるクラウドベースのファイル共有サービスは、Google Drive、iCloud、DropBoxです。
では、クラウド型ファイル共有サービスはどのような仕組みになっているのでしょうか。
基本的には、このサービスのアカウントを作成し、共有したいファイルをアップロードします。アップロードされたファイルは、サービスのサーバーに保存され、リンクを送ることで他の人と共有することができます。このリンクを使って、ファイルをダウンロードしたり、オンラインでストリーミング再生したりすることができます。
しかし、クラウドベースのファイル共有サービスを利用する際には、いくつかの注意点があります。
まず、これらのサービスのすべてが無料というわけではありません。中には、サービスを利用するために、有料のサブスクリプションが必要なものもあります。第二に、これらのサービスにアップロードされたファイルは、多くの場合、公開フォルダに保存されます。これは、リンクにアクセスできる人なら誰でもファイルをダウンロードできることを意味します。最後に、ファイル共有サービスは、オフラインになるか、または他の技術的な問題が発生する可能性があり、ファイルにアクセスできなくなる可能性があることを意味します。
クラウド型ファイル共有サービスを利用してファイルを送信するには、まず、ファイルをサービスにアップロードします。次に、サービスを開いて、相手とファイルを共有します。受信者はファイルをダウンロードし、自分のコンピューターに保存することができます。
クラウドベースのファイル共有サービスの欠点は、速度が遅く、信頼性に欠けることです。さらに、誰もがこれらのサービスに加入しているわけではないので、誰もがこの方法でファイルを受信できるわけではありません。

ファイルメール

マルチプラットフォームアプリケーション

ファイルメール は、巨大なファイルを安全に転送する方法を探しているあらゆる規模の個人および企業にとって完璧なソリューションです。ファイルメールは、その使いやすさと高速な転送速度、余裕のある保存スペース、そして安全なコンプライアンスに準拠したデータ処理で、その名を知られています。

ファイルメールでは、ファイルの送信にサイズ制限がありません。つまり、制限を超えることを心配することなく、どんなサイズのファイルでも送ることができるのです。ファイルメールは、二要素認証とエンドツーエンドの暗号化を提供しており、ファイルの安全性を確保します。さらに、ファイルメールにはウイルススキャン機能が搭載されており、送信前にすべてのファイルのウイルススキャンを行います。次回の大容量ファイル転送は、ぜひファイルメールをご利用ください。

結論

インターネット上で大容量ファイルを送信するのは難しいことですが、いくつかの選択肢があります。最も一般的な方法は、ファイルの圧縮、電子メール、USDドライブ、外付けドライブ、FTP、クラウドベースのファイル共有サービスなどを利用する方法です。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるので、自分のニーズに合ったものを選ぶことが重要です。
ファイル転送を成功させるために、方法を選択する前に十分に調査するようにしてください。また、ファイルサイズに注意することも重要です。方法によっては、大きなファイルには適していない場合もあります。
最後に、大容量ファイルの送信に最適な方法は、複数の方法を組み合わせて使用することであることを覚えておいてください。そうすることで、インターネット回線の速度やファイルサイズに関係なく、ファイルを確実に配信することができます。それでは、よいご送信を

あらゆるサイズのファイルを共有

高速で安全なファイル共有

1TBのデータストレージはいくらですか?

データストレージ

ネットサーフィン、音楽鑑賞、映画やビデオの鑑賞、ソーシャルメディアを通じての友人や家族とのチャット、友人や家族への電話など、私たちはさまざまな場面でデジタル機器を活用しています。PCやスマートフォンのデータ消費量に驚かされますしかし、これらの機器、ひいてはあなたが使っているデータはどれくらいなのでしょうか?どれだけのデータを保存できるのでしょうか?

MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)、TB(テラバイト)などと言われることがありますが、実際のところ、これらは何に相当するのでしょうか?1TBのデータストレージはどのくらいなのか、そして実際に何を保存できるのか。

5GBまで無料で共有できます。

登録不要

計算機データ

データ単位を指定する

コンピュータのメモリは、サイズや期間に関係なく、データを保存することができるすべての物理的なデバイスと定義されます。ほとんどのファイルは数千バイトで構成されているため、ファイルサイズは頻繁にキロバイトで表現されます。

メガバイトは、写真、フィルム、オーディオファイルなど、数百万バイトを含むより大きなファイルを表すのに使われます。最近の記憶装置では、これらのファイルを何百個も保存できるため、記憶容量はギガバイト、あるいはテラバイトと定義されることが多い。

多くのストレージデバイスやビッグデータストレージネットワークの容量を計算するためには、より大きな測定単位が割り当てられるのが一般的である。

PCやモバイル機器に保存できるファイルの最大サイズは、KB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)、TB(テラバイト)で指定されています。技術の進歩に伴い、モバイル機器はより大きなファイルに対応しなければならないため、データの保存容量は将来的に重要な考慮事項となります。

1 バイト = 8ビット*で、8つの1または0が1バイトに含まれる場合があります。このビットのオクテットは、データ記憶システムにおける最小の正規単位を表します。

1キロバイト(KB) = 1,024バイトの場合、キロプレフィックスを必要としないファイルは、ワード文書、エクセル表計算、画像の大部分など、つまらないものである。

1メガバイト(MB) = 1024KBです。1MBは通常、音楽を聴いたり、短い動画を見たりするのに使われます。昔のフロッピーディスクでも大量に保存することが可能です。

1ギガバイト(GB) = 1,024 MB。ほとんどのコンピュータ・ハードウェア・メーカーが容量をGBで表示しているため、GBはストレージ容量の標準単位に急速になりつつある。

1テラバイト(TB) = 1,024GBとなります。現在、通常のハードディスクのサイズを測るには、TBを用いるのが一般的です。

マルチメディア

10GBってどのくらい?

Ofcomによると、一般的な消費者は毎月約2.9GBのデータを消費しており、この数字は技術の進歩に伴って年々増加しています。つまり、一般的なスマートフォンユーザーであれば、10GBもあれば十分と言えるでしょう。しかし、これはスマートフォンの使い方に大きく依存します。例えば、映画をストリーミング再生したり、オンラインゲームをしたりするのが好きな人は、より多くのデータ割り当てを検討した方がよいでしょう。

100GBってどのくらい?

Wi-Fiではなく、主にモバイルデータ通信に依存している場合は、100GBなどの大容量プランを検討するとよいでしょう。毎月、100GBのデータを利用できるのは非常に大きなことです。一般的には、最後の一歩を踏み出さずに利用できるデータ無制限プランに最も近いと考えられています。

1TBのデータストレージはいくらですか?

1.44MBのフロッピーディスクドライブの時代から、データストレージの技術は大きく進歩した。テラバイト(1,024GB)のストレージは、ノートパソコン、デスクトップパソコン、ゲーム機などに搭載されていることが多い。現在では、1TBのストレージは、iPhoneやサムスンのGalaxyスマートフォン約16台分(64GB)に相当します。
また、1TBはWindowsやMacBookのラップトップ4台分(256GB)に相当し、システム・ソフトウェアがストレージ容量を消費します。さらに、個々の外付けハードディスクの容量は通常1TBから始まり、最大32TBまであります。

1TBのインターネットデータをどう使うか?

1ヶ月で1TBのデータを使用するためには、約171時間の4Kビデオをストリーミングする必要があります。これは、1ヶ月間、毎日6時間ずつ4Kビデオをストリーミングすることに相当します。データ使用量が気になる方は、より積極的にデータ使用量をコントロールする努力をしてみてはいかがでしょうか。

1TBでは、以下の情報を保存することができます。

  • 毎日200通のメールを送信または受信する(1ヶ月で全体で6,200通)
  • 1日5時間(1ヶ月で合計155時間)音楽を聴きながら、他のことをする。
  • 1日5時間のネットサーフィン(1ヶ月合計155時間)
  • HDビデオストリーミング 1日10時間(1ヶ月合計310時間)
  • 12MPカメラで撮影した256枚の写真。
  • 映画250本またはハイビジョン映像500時間分
  • 通常Officeファイル、PDF、プレゼンテーションとして保管されている650万ページの文書、この量は実際のファイルキャビネット1,300個分に相当します
クラウドストレージ

クラウドストレージのご紹介

クラウドストレージは、ユーザーがオンプレミスのストレージシステムにアクセスすることなく、遠隔地からデータを交換したりアクセスしたりすることを可能にする。クラウドストレージは、遠隔地のサーバーにデータを保存し、そこから遠隔地での保守、管理、バックアップ、アクセスを行うことができます。 

クラウドベースのデータは、適切な権限が設定されていれば、どのデバイスからでもいつでも利用できます。クラウドベースのデータストレージは、そのアクセスのしやすさにもかかわらず、驚くほど安全です。

データをオフサイトに転送して保管することで、データ保管の義務を第三者のクラウドプロバイダーに負わせることができます。サービスプロバイダーは、サーバーや関連インフラをホストし、保護、管理、保存することで、必要なときにいつでもデータにアクセスできるようにします。

 サービスプロバイダーは、このサービスに対して料金を請求しない。クラウドストレージに関連する多くの利点をさらに精査する。

セキュリティ

クラウドストレージプロバイダーは、自社のサービスの安全性を高めるために、より高度なセキュリティレベルを備えています。インターネット上に情報を保存している人が多い中、クラウドストレージサービスは、あなたのファイルにアクセスしてはいけない人がアクセスできないようにするために、多大な努力を払っています。

データがインターネット上に送信されると、暗号化技術によって保護されます。これにより、常に最高レベルのセキュリティが保たれることが保証されています。

アクセシビリティ

クラウドストレージを利用すると、データはクラウド事業者のサーバーに保管され、インターネット経由でアクセスできるようになります。クラウド事業者のアプリケーションは、会社のパソコンやスマートフォンなど多くのデバイスにインストールされるため、いつでもどこからでもデータにアクセスすることができます。

他のチームメンバーとのサインインやコラボレーションが、かつてないほどシンプルになりました。さらに、このアプリはファイルの同期を保証し、チームメンバーは常に好みのデバイスから最新バージョンにアクセスできるようにします。

サービスキャパシティ

クラウドストレージの料金はユーザー単位で支払います。年間必要なストレージ容量を予測する必要はなく、無駄な容量の支払いや容量不足のリスクもありません。クラウドストレージプロバイダーを経由してアクセスできるリソースをカスタマイズすることができ、時間の経過とともに変化する現在の需要に応じて料金を支払うことができます。

コラボレーションの強化

チームがデータやツールを共有することで、より効果的なコラボレーションが可能になります。研究でも明らかにされているように、コラボレーションは優れた成果をもたらします。それは、パートナーシップによって、複数の個人の異なるスキルが共通の努力に融合されるからです。
様々な経歴、専門性、思考様式を持つ人々や組織の多くの視点を取り入れることで、より良いアイデアを生み出すことができる。協力関係が深まることで、経験や知識、思考様式が異なる人々や組織の数多くの視点を取り入れることができ、より革新的なアイデアが生まれる。

コラボレーションの強化

使い慣れたローカルディスクのストレージからクラウドストレージへの移行は難しいかもしれませんが、日に日に一般的になってきています。クラウドストレージには、ローカルディスクのストレージと比較して、いくつかの利点があります。クラウドストレージは、安全でアクセスしやすいデータ保存方法を探している人にとって、最も現実的な機会の1つです。

あらゆるサイズのファイルを送信

プロフェッショナルプラン、ビジネスプラン、エンタープライズプラン

安全なファイル転送のためのFTP代替ソフトトップ5

サーヴァーズ

ファイル転送プロトコルは、インターネット上でファイルを転送するために今日使用されている最も一般的なプロトコルの1つです。多くの場合、FTPはシンプルで効率的、かつ信頼できるものであることが証明されています。しかし、FTPが最適な解決策でない場合もあります。セキュリティ、スピード、またはデータの完全性が最優先される場合、FTPに代わる方法を検討する必要があります。この記事では、インターネット上でファイルを交換するための、より安全な手段を提供する5つのFTPの代替手段を紹介します。

5GBまで無料で転送

登録不要

追及

FTPとは?

FTPは、ユーザーがインターネット上でファイルをアップロードおよびダウンロードするためのプロトコルです。1971年に初めて開発され、インターネット上でのファイル転送に使用される最も初期のプロトコルの1つとなっています。
このプロトコルは、1秒間に110万ビットという驚異的なファイル転送を可能にし、シーンに衝撃を与えた。当初、この方法で転送できるのはテキストファイルだけだったが、すぐにユーザーはテキストファイルとバイナリファイルの両方をアップロード、ダウンロードできるようになった。
FTPは、クライアント・サーバーモデルを使用してファイルを送信する。FTPクライアントはFTPサーバーとの接続を開始し、認証の詳細をネゴシエートし、サーバーにコマンドを送信し、サーバーから応答を受信します。また、このプロトコルは、ファイルの転送や、ディレクトリのリストアップや削除などのファイル管理タスクのためのアクティブモードとパッシブモードをサポートしています。
FTPでは、サーバーに送信された各コマンドは、数値の応答コードで応答されます。このコードは、コマンドの状態を示すもので、ユーザーはコマンドで要求された動作が成功したかどうかをすぐに判断することができます。
ftpの代替が必要

FTP代替ソフトが必要な理由

今日、インターネット上でファイルを転送する方法は数多くありますが、FTPは今でも最も一般的に使用されているプロトコルの1つです。FTPはシンプルで効率的、かつ簡単に使用することができます。多くの点で、ファイル転送のための信頼できるプロトコルです。
しかし、FTPにも欠点があります。まず、FTPは転送されるファイルや転送する人について多くの情報を明らかにするため、このプロトコルにはクライアントとサーバー間の接続を暗号化する方法が組み込まれていません。つまり、FTPトラフィックはプレーンテキストで送信されるため、パケットスニッフィングやその他の攻撃に対して脆弱なのです。
第二に、FTPプロトコルは、サーバーへのユーザーを認証するために、時代遅れのユーザー・パスワード方式を採用しています。つまり、ユーザー名とパスワードが漏えいすると、FTPアカウントもハッキングされてしまうのです。
第三に、SFTP (SSH File Transfer Protocol) のような最新のプロトコルに比べて、速度が遅く非効率的である。これは、高速なファイル転送のために作られたものではありません。
最後に、FTPはローカルとリモートのファイルを同期させる手段を提供しません。これは、手動でプロセスを開始することなく、サーバー上のあるディレクトリから別のディレクトリにファイルを自動的にアップロードする方法を探している場合、大きな問題になる可能性があります。
セキュアなFTPの代用品

セキュアなファイル転送プロトコルの必要性

FTPの多くの問題点から、ファイルやデータの安全性を損ないたくないのであれば、安全な代替手段を探す必要があることは明らかです。FTPに代わる安全な手段を検討すべき理由はたくさんあります。

1.スニッフィングとスニッフィング・アタックを回避する

上で述べたように、FTPトラフィックはプレーンテキストで送信されるため、スニッフィングに対して脆弱性があるのです。つまり、誰かがあなたのファイルやデータにアクセスしたい場合、あなたのFTPトラフィックを傍受して、あなたのユーザー名とパスワードにアクセスすることができるのです。暗号化されていないFTPを使用している場合、トラフィックはプレーンテキストで転送されます。標準的なプロトコルアナライザーを使えば、誰でもそれを見ることができます。

2.ハッキングを避ける

ユーザー名とパスワードが漏えいすると、FTP アカウントがハッキングされます。いったん認証情報が漏洩すると、攻撃者はFTPプロトコルを使用してサーバー上のすべてのファイルとディレクトリにアクセスすることができます。場合によっては、ファイルやデータの不正な変更につながる可能性もあります。これは、FTPサーバーに機密情報を保存している場合、大きなセキュリティリスクとなります。

3.非効率なファイル転送を避ける

上で述べたように、FTPプロトコルは他の最新のファイル転送プロトコルに比べて遅いです。インターネット上で素早くファイルを送信したい場合には、理想的ではありません。一度にファイルをアップロードするユーザーが多すぎるためにFTPサーバーが遅延すると、自分のファイルへのアクセスがブロックされる可能性があります。

4.信頼性の低いファイル同期を回避する

最後に、FTPはサーバーとローカルディレクトリの間のビルトイン同期を何ら提供しません。これは、ローカルマシンからサーバー上のディレクトリを自動的に更新したい場合、大きな問題になります。FTPでは、サーバーにファイルをアップロードするだけで、サーバーからファイルを取り出すことはできません。
幸いなことに、インターネット上で安全にファイルを転送する方法はたくさんあります。FTPよりも効率的で安全、かつ信頼性の高いインターネット上のファイル転送方法をお探しの場合、どのような選択肢があるでしょうか?
オプション

FTPに代わる5つの選択肢

1.SFTP

SFTP は SSH File Transfer Protocol の略で、SSH プロトコルの上に構築された FTP の安全な代替手段です。つまり、SFTPは接続、ログイン、データを暗号化し、プロセスを安全に保つのです。
SFTPの使い方はいたって簡単です。FTPクライアントから使用することもできますし、無料でダウンロードできるFileZillaのようなSFTP専用のアプリケーションを使って直接サーバーで使用することもできます。
SFTPには欠点もある。1つは、FTPほど普及していないことです。SFTP接続をサポートするFTPクライアントもありますが、このプロトコルはFTPに比べるとまだ一般的ではありません。
これは、SFTPのサポートが、ウェブサイト、サーバー、ルーター、スイッチ、ファイアウォール、およびその他のデバイスの間でそれほど普及していないことも意味します。そのため、FTPクライアントの中には、SFTP接続をサポートしていないものもあります。

2.エフティーピーエス

FTPSは、安全なFTPプロトコルです。既存のFTPプロトコルの上に構築され、クライアントとサーバー間の接続を保護するためにTLS/SSL暗号化を追加しています。
そのために、FTPSはクライアントとサーバー間のFTPトラフィックを暗号化するために、デフォルトでポート990を使用する。つまり、同じサーバーでSFTPとFTPSの両方を同時に使用することができますが、ポート990を使用するため、FTPSはブルートフォース攻撃に対して脆弱なままです。

3.AS2

AS2とは、Application Exchange 2の略で、IBMが開発した独自のプロトコルである。オープンソースではなく、IBMはその使用料を徴収している。
AS2は、他のセキュアFTPの代替品ほど普及していませんが、世界中の多くの組織で機密データの転送に使用されています。
AS2は複雑で、FTPとは全く異なるものです。IBMのソフトウェアの文脈以外で使うのは簡単ではありませんが、世界中のIBMの顧客によって広く使われています。
AS2の欠点は、プロトコルの標準的なオープンソースの実装がないことです。つまり、コンピュータ、サーバー、ルーター、ファイアウォール、その他のデバイスで使用するには、IBM AS2 Toolboxを使用する必要があります。

4.HTTPS

HTTPSとは、HyperText Transfer Protocol Secureの略です。HTTPプロトコルをベースに構築された、SSL/TLSでWebトラフィックを保護するためのプロトコルです。
ウェブサイト、ブラウザ、サーバー、ネットワーク機器など、インターネットに接続された各種機器で広く利用されています。
HTTPS は 443 番ポートを使用し、ファイアウォール、ルーター、スイッチで開いていることが多い。このため、SFTP、FTPS、AS2 などの他のプロトコルに比べて、HTTPS でのファイル転送が容易になります。
HTTPSは、通信やファイル転送などあらゆるデータ伝送に広く利用されている一般的なプロトコルで、データを暗号化してセキュリティを強化することが可能です。

5.MFT

MFTは、IBMが開発したもう1つのプロプライエタリなプロトコルです。AS2の代替品として見られることが多いが、IBMの顧客の間ではそれほど広く使用されていない。
MFTを使用してサーバー間で安全にファイルを転送することができますが、AS2ほどは普及していません。AS2と同様に、MFTのオープンソース実装はありません。
MFTの欠点としては、ファイアウォール、ルーター、スイッチなどのネットワーク機器に広くサポートされていないことが挙げられます。また、ネットワーク管理者は、MFT接続を使用するために、これらのデバイスでポート1433を設定する必要があります。
判断

結論

FTPに代わる安全な代替手段は数多く存在します。しかし、それぞれに欠点があるため、特定のニーズに合わせて適切な代替手段を選択する必要があります。FTPの代替手段を選択する前に、よく調べておく必要があります。
サーバーへのファイル転送やサーバーからのファイル転送が主な目的であれば、HTTPSやMFTが適しているかもしれません。しかし、サーバー間でファイルを転送する必要がある場合は、AS2またはFTPSの方が適しているかもしれません。
最終的にどれを選ぶかは、予算、各プロトコルのサポートの有無、データ転送の必要頻度にもよります。とはいえ、セキュリティの問題をすべて解決するような安全なFTP代替ソフトは存在しないということは覚えておいてください。
どのような方法を選択するにしても、転送前にファイルを暗号化して安全を確保するのが最善です。これにより、たとえ誰かがデータを傍受したとしても、転送中のファイルは安全に保たれます。
より多くの企業がクラウドに移行するのに伴い、SFTP、FTPS、AS2、MFT、HTTPS などの安全なファイル転送プロトコルがさらに普及することが予想されます。これにより、システム管理者、開発者、企業は、サーバー間で安全にファイルを転送することが容易になります。

あらゆるサイズのファイルを転送

FTPに代わる安全なファイル共有

ファイル転送プロトコルを探る

サーバールーム

ファイル転送は、インターネットを構成する要素です。毎日毎分、インターネットのユーザーはファイルをダウンロードし、仮想世界全体でそれらを流通させています。ファイル転送プロトコル(FTP)は40年以上前から存在し、その間、暗号化規格やファイル転送機能の面で大幅な改良が加えられてきた。 

FTPの歴史は、1980年代初頭のTCP(Transmission Control Protocol)をベースとした現代のIP(Internet Protocol)ネットワークの誕生よりも古く、ネットワークの黎明期にまでさかのぼる。

この記事では、FTPの機能、メリット、デメリットなど、FTPに関連するさまざまな側面を探るとともに、FileMailという有力な代替手段を紹介します。

5GBまで無料で共有できます。

登録不要

追及

ファイル転送プロトコル(FTP)とは?

ファイル転送プロトコル(FTP)は、コンピュータネットワーク上でサーバーからクライアントにコンピュータファイルを転送するための標準的な通信プロトコルを表します。FTPは、クライアントとサーバーの間で、制御とデータの接続を区別して使用するクライアント・サーバープロトコルである。
FTPは、ユーザーが他のサービスからWebページ、データ、アプリケーションをダウンロードすることを可能にするクライアント・サーバー・ネットワークプロトコルである。ユーザーが自分のコンピューターにデータをダウンロードする場合は、FTPを使用して行います。
さらに、FTPは暗号化されていない。さらに、FTPは暗号化されておらず、認証に平文のユーザーとパスワードを使用するため、FTPによるデータ転送は盗聴、なりすまし、その他の攻撃を受ける可能性があります。
アップルエアードロップ

FTPはどのように機能するのか?

ファイル転送プロトコルは、クライアントとサーバーのパラダイムで動作し、ファイル転送機能はFTPサーバーとFTPクライアントによって実行される。FTP接続を開始するには、指定されたネットワーク上で2つのパーティが作成し、相互作用する必要があります。ユーザーはFTPサーバーに認証情報を提供する権限を持つ必要がありますが、一部の公開FTPサーバーでは、ユーザーがファイルにアクセスするためのパスワードを提供する必要がありません。
ネットワーク上にFTPサーバーを設置し、指定されたファイル保存場所(フォルダー/システム)を共有するデータの保存場所として定義する。エンドユーザーはこのファイルサーバーにFTPで接続し、ローカルフォルダー/システムにファイルを転送する。
FTPが機能するためには、TCP/IPネットワークと1つまたは複数のFTPクライアントの使用が必要です。FTPクライアントは、クライアントとサーバーの間の通信エージェントとして、ファイルのダウンロードとアップロードを行います。基本的に、FTPクライアントはFTPサーバーへの接続を開始します。FTPサーバーは、ファイルをアップロードまたはダウンロードするためのクライアントの要求を受信すると、ファイル転送手順を開始します。
が発生するたびに、コマンドチャネルとデータチャネルを作成する必要があります。両方のチャネルを設定した後、パッシブモードは、ユーザーとの再接続を試みるのではなく、接続をリッスンするようにサーバーに指示します。

FTPは何に使うの?

FTPによるダウンロードや転送をサポートし続けているプラットフォームは、ほとんどが習慣的にそうしているのですが、これさえもあまり一般的ではなくなりつつあります。
FTPは、初心者がより複雑なバージョンに進む前に、インターネットプロトコルに触れるための非公式なアプローチであり、優れた入門ツールとなっています。懐かしさから、あるいは単なる楽しみからFTPファイルシステムを作成する人もいます。組織内で膨大な量のサーバーファイルを転送する。ITプロフェッショナルの中には、閉じたシステム内でサーバーファイルを転送する際にFTPを利用する人がいます。
また、AEC(Architectural, Engineering, and Construction)ビジネスでは、建築の回路図や部品のやり取りでFTPが多用されています。AECビジネスでよく使われるCADやSketchUpの図面など、巨大なファイルを送るには、FTPサーバーを介するのが理想的です。
CAD図面などを扱う建設業や関連業界では、ファイル転送速度の関係でFTPに依存することが多い。

FTPクライアント

各FTPクライアントは、ユーザーがアップロードとダウンロードのプロセスをカスタマイズできるように、独自の機能を備えています。FTPクライアントに求められるその他の機能には、公開鍵認証、ファイル圧縮レベルの制御、ファイルマスクを使用したサーバー検索ツールなどがあります。

FTPのセキュリティ問題

全体として、FTPはデータ転送の方法として本質的に安全ではありません。このプロトコルでファイルを送信する場合、データ、ログイン、パスワードはすべてプレーンテキストで交換されるため、ハッカーはこの情報を簡単に入手することができます。データの安全性を保証するには、FTPSやSFTPなどのFTPの改良版を利用する必要があります。

FTPは、サイバーセキュリティが単なる憶測に過ぎなかった頃にさかのぼります。このことは、FTPの転送が安全でないことを意味し、パケットスニッフィングができる人なら誰でもデータを傍受することができるほど簡単なものであることを意味しています。 

ハッカーがFTP転送を傍受した場合、暗号化によってコンテンツへのアクセスや改変が妨げられることはないでしょう。FTPのクラウドストレージを活用しても、サービス提供者のシステムがハッキングされれば、データが傍受され、悪用される可能性がある。

その結果、FTPで配信されるデータは、スプーフィング、スニッファ、ブルートフォース、およびその他のタイプの攻撃の理想的なターゲットとなる。ハッカーは、FTPトランザクションを検査し、基本的なポートスキャンを使ってその弱点を攻撃しようとするかもしれません。
ファイル転送プロトコルのデメリット

FTPのデメリット

チャレンジングな活用法

FTPはアクセスしにくいと言えばそうなのだが。そのインターフェイスは恐ろしく、圧倒的である。一目見ただけで、(その後も何度か見たが)ITの専門家でなければ理解できないようなものである。これは、社員にとってもお客様にとっても、正しく操作するためのトレーニングが必要なため、大きなデメリットとなります。

すべてのベンダーが同じというわけではありません

企業は、セキュリティの脆弱性の問題に対処するために、ベンダーが管理するFTPソリューションをホストすることを選択します。残念ながら、すべての業者が必要なセキュリティ・テストに合格しているわけではなく、適切なものを見つけるのは困難です。各ライバルは独自の機能セットを提供し、それらの多くは、アクセス制限、セキュリティ、ユーザビリティ、および価格の代替などの重要な分野で欠けている。

暗号化は見切り発車ではない

データの暗号化を行っているプロバイダーを探すことは可能ですが、多くは暗号化を行っていません。FTPには暗号化が含まれていないため、送信されたデータが簡単に傍受されてしまうのです。さらに、FTPサービスを調査していると、暗号化が必ずしも提供されていない、あるいは実施されていないことがわかります。

FTPは攻撃される可能性がある

不適切なプロバイダーを選択した場合、データを保護しないFTPソリューションが残され、ブルートフォース攻撃やスプーフィング攻撃などのハッカー戦略にさらされる危険性があります。ハッカーは、ブルートフォース攻撃を利用して、何千ものログインとパスワードの組み合わせを素早く調べ、システムに侵入します。FTPは、ハッカーがネットワーク上の本物のユーザーやデバイスになりすます、スプーフィング攻撃の影響を受けやすいのです。

コンプライアンスに問題がある

さらに、FTPでデータを送信する際には、コンプライアンスを考慮する必要があります。FTP を単独で使用したり、安全でない FTP プロバイダーを経由した場合、コンプライアンス違反の疑いがあります。暗号化の欠如はコンプライアンス違反の大きな要因であり、コンプライアンス要件に適合するソリューションを特定する必要があります。

活動のモニタリングが困難

FTPは監査証跡を提供しないため、漏洩の原因を突き止めたり、プロジェクトの進捗を監視したりすることが困難です。その結果、ファイルが不正に扱われたり、データ漏洩が発生した場合、問題の原因を追跡することが困難となる場合があります。FTPクライアントの中には、ファイル共有のベストプラクティスに従うことを保証するために必要なアクセス制限がないものが数多くあります。
ftpの利点

FTPのメリット

複数のファイルディレクトリを同時に転送することができる

FTP は、会社が一度に大量のデータ(メガバイトではなくテラバイトを考えてください)を交換することを望んでいる場合、優れた代替手段です。エンジニア、建築家、グラフィックデザイナーは、電子メールで送信するには大きすぎ、HTTPSを使用して共有するには低速すぎる、非常に巨大なファイルをよく持っています。FTP はこのような場合、巨大なファイルをより速く送信することができるため、大きなメリットを提供します。

ファイル転送の進行状況を見失わない

FTP使用中にネットワークへの接続を失った場合でも、転送の進行状況を失う恐れがないため、有利です。接続が切れたり、マシンを再起動する必要がある場合でも、最初からやり直す必要はありません。中断したところから続けることができます。ネットワークにアクセスできるようになると、FTPはすぐに再開され、中断したところから再開されます。
マルチプラットフォームアプリケーション

ファイルメール。FTPに代わる有効な手段

しかし、FTPが抱える課題を克服し、さらなる機能性と利点をもたらす有力な代替手段も存在します。ファイルメールは、様々なアプリケーションやサービスを利用して、あらゆるサイズの巨大なファイルの送受信を可能にするウェブプラットフォームです。 

誰でも利用できる無料のサービスです。基本原理は簡単で、ファイルを選び、受信者のメールアドレスを記入し、「送信」をクリックします。受信者はあなたのファイルへのリンクを受信し、それをダウンロードします。

FTPのセキュリティの脆弱性を凌駕するファイルメールでは、ファイル転送の可用性期間やパスワード保護を指定することができ、より安全なファイル転送を実現します。また、FTPとは比較にならないほど安全なファイル転送を実現するためのセキュリティ対策が施されています。

2組のファイアウォールでサーバーを保護し、データへのアクセスはWindowsのアクセスで直接維持されます。ディスク上では、ファイル名は暗号化されており、サーバー上の膨大な量のデータから、ハードディスクからデータを取り出して復号化することは事実上困難である。

あらゆるサイズのファイルを共有

FTPに代わる安全な通信手段

PCからPCへファイルを転送する方法

PCからPCへファイルを転送する方法

新しいパソコンを購入したときの感動は、何ものにも代えがたいものです。通常、新しいコンピュータを購入すると、処理能力の向上、グラフィックの改善、ストレージの増加など、多くの新しい機能を手に入れることになります。 

もちろん、新しいコンピュータに移行し、古いコンピュータを交換する場合は、数個のファイルだけでなく、もっと多くのファイルを移動したいと思うでしょう。理想的には、すべての文書、画像、ユーザープロファイル全体、アカウント、お気に入り、ブックマーク、電子メールなど、つまり、あなたが所有し、使用しているすべてのものを移動する必要があります。では、どのように 転送ファイル pcからpcへ?

転送するファイルの数、ファイルサイズ、2台のコンピュータのオペレーティングシステムなど、いくつかの変数が手順に影響します。

ファイル転送は複雑な作業ではありませんが、転送するデータの量によっては数時間かかることもあります。以下に、よく使われる6つの戦略を紹介しますので、ご自身で試してみてはいかがでしょうか。

5GBまで無料で転送

登録不要

ユーエスビードライブ

1.外部記憶装置

ほとんどの人が外付けドライブを活用していることは知られています。USBメモリーのデータをあるパソコンから別のパソコンにコピーし、同じドライブを2台目のパソコンに接続し、再度データをコピーするのはとても簡単なことです。 

また、フラッシュドライブでは入りきらないほどのデータがある場合は、外付けハードディスクを活用することもできます。両方のノートパソコンにUSB3.0ポートが装備されている場合、最も高速なフラッシュドライブの購入を検討するとよいでしょう。大量のデータを扱う場合、スピードが重要になります

バックアップのために外付けハードディスクを使用する場合、ドライブによってはファイル転送に失敗することがあるため、考慮すべき要素が多くあります。高品質のケーブル(内蔵ドライブも同様)と、必要に応じて高品質のUSBハブを利用してください。 

また、USBコントローラにも高負荷がかかると不安定になるものがありますので、ハードディスクの接続に問題がある場合は、部品単位での交換で原因を特定する必要があります。

長所 短所
ポータブル - 外付けハードディスクは、ポータブルでプラグアンドプレイです。USBまたはFireWireをサポートするすべてのコンピュータのストレージデバイスとして使用することができます。
データ損失 - 外付けドライブは、内蔵ドライブと同様にデータ損失の危険性があります。外付けハードディスク・ドライブは、ウイルスやマルウェアソフトウェアの攻撃を受けやすくなっています。さらに、太陽光、熱、湿度、液体、埃、磁界による劣化の影響を受けやすい。
緊急時の使用 - 緊急時に備えて、外付けハードディスクをバックアップディスクとして活用することができます。ハードディスクは故障することがあるので、ビジネスでもプライベートでも、バックアップは重要です。
侵入されやすい - 外付けハードディスクの大半はパスワードで保護されています。ハードディスクやフラッシュドライブを紛失したり、盗まれたりした場合、そのデバイスをコンピュータに接続すれば、誰でもあなたのデータにアクセスすることができます。
パフォーマンスの向上 - 外付けドライブをプライマリストレージデバイスとして使用することで、内蔵ドライブの速度が遅いMacのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。
設定が難しい - 外付けハードディスクにファイルのバージョン管理を設定することは困難です。1日に1回、外付けハードディスクにファイルをバックアップする場合、多くのファイルのバージョンではなく、1つのバックアップに依存することになります。

2.内蔵SSD & HDDドライブ

古いパソコンから新しいパソコンに移行する場合、古いパソコンが操作不能になることがあります。あるいは、古いハードディスクを新しいハードディスクに交換することもあるでしょう。しかし、以前のデータはどのようにして入手できるのでしょうか。


ハードディスクドライブ(HDD)および一部のソリッドステートドライブ(SSD)は、標準的なSATA接続でマザーボードに接続されています。予備のSATAまたはeSATA(外付けSATA)コネクタがある場合は、古いハードディスクドライブを接続します。オペレーティングシステムによって新しいドライブとして認識されます。その後、転送を開始します。可能な限りの選択肢の中で最も迅速な方法です。

長所 短所
内蔵ハードディスクは、かなりの量のデータを保存できる大容量が特徴です。しかも、内蔵ハードディスクは常にパソコンと表裏一体です。そのため、定期的にバックアップのスケジュールを組む必要があまりありません。他のメディアストレージと比較すると、内蔵ハードディスクは非常にコストパフォーマンスに優れています。
限られた寿命 - 各SSDには、読み取りと書き込みの回数に制限があります。これは、テラバイト書き込み(TBW)と呼ばれます。SSDを購入すると、ドライブの使用頻度に影響される「寿命」があらかじめ設定されています。
転送ケーブル

3.転送ケーブルの使用

クラウドサービスや外付けハードディスクではなく、複数の回線でデータを転送する場合もあります。この方法は、PCからPCへ同時にデータをコピー&ペーストするため、ディスクを利用するよりも高速になることが多いです。

時代遅れの感もありますが、ファイル転送ケーブルは、近くにある2台のパソコン間で情報をやり取りするのに有効な手段です。

このデバイスを使って、両方のパソコンのUSBポートに接続し、付属のファイル転送ソフトを使って、転送するファイルやフォルダーを選びます。USBポートで接続すると、付属の転送プログラムがファイルや設定の移行を案内してくれます。 

 両方のPCがUSB3.0接続であれば、より高速にデータ転送が行えますので、ファイル移行を行う際は、この点を考慮してください。

長所 短所
速度 - USBドライブはインターネット接続を必要としないため、それなりに速い転送速度が得られます。一方、速度はUSBのバージョン、ハードウェアバス、USBコントローラデバイスなど、いくつかのパラメータに影響されます。
拡張が難しい - あるコンピューターから次のコンピューターにクロスオーバー接続するとすぐに、ネットワークアダプターを追加しないと他のコンピューターに接続することが難しくなります。
容量 - 当初、USBドライブは幅広いストレージ容量を提供していませんでした。最近まで、最大2TBの容量を持つUSBデバイスが利用可能でした。その結果、ユーザーは大容量のストレージを持つケースで余分なハードウェアを持ち歩くことから解放されます。
信頼できない-この方法でリンクされたコンピュータは、自動的に「パブリック」接続に分類されます。パブリック接続では、デフォルトでネットワーク検出、ファイル共有、およびプリンタ共有が無効になります。これらのリソースの共有は、各コンピュータの設定でこれらの機能を手動で再有効化する必要があるため、スイッチを介してリンクされている場合よりも手間がかかります。
外形寸法 - USBフラッシュドライブは、コンパクトで軽量なため、携帯性に優れています。ポケットやリュックサックによく入ります。多くのスペースを必要とするハードディスクやタブレットの代わりとして理想的です。
無線LANを使ったファイル転送

4.Wi-Fiでのファイル共有

一般的なオペレーティングシステムの大部分には、ホームネットワークを設定するためのオプションがあります。これにより、同じルーターに接続された機器(イーサネットまたはWi-Fi経由)が自動的にお互いを識別できるようになります。 

このため、コンピュータ間のデータ転送の際に、毎回新しい接続を確立する必要はなく、両方のマシンの電源が入っている限り、常に接続が有効になっています。

長所 短所
外付けUSBメモリ不要 - 通常、PC間でデータを転送する場合、USBフラッシュドライブやUSBハードディスクドライブを探しますが、Wi-Fiを利用すれば、外付けUSBメモリが不要になります。Wi-Fiを使ったファイル転送では、2台のPC間でデータを転送するために追加のデバイスを用意する必要はありません。必要なのは、機能的なWi-Fi接続だけです。
必要な帯域幅の問題 - ファイル共有では、データへの迅速かつ容易なアクセスを提供するために、十分な帯域幅が必要です。適切な速度が得られないと、ファイルへのアクセスに時間がかかる可能性があります。
高速ファイル転送 - Wi-Fiでファイルを共有することで、PC間のファイル転送を高速化することができます。Wi-Fiで2台のPCを接続すると、ファイル転送に利用できる帯域幅が大幅に増加します。また、PCから外付けドライブにデータをコピーして、別のPCに転送するのに要する時間も短縮されます。Wi-Fiで瞬時にファイルを転送することで、所要時間は半分に短縮されます。
パブリックアクセス - ファイルを交換すると、従業員や外部のハッカーが会社のデータをオンライン上の公開フォーラムで共有する機会が増えます。マルウェア、ランサムウェア、ウィルスは、共有されたファイルを攻撃する可能性が高くなります。例えば、データを閲覧するために使用したワークステーションにウイルスが感染し、それ自体をサーバーやコンテンツを持つ他のワークステーションにアップロードする可能性があります。
安全なデータ転送 - Wi-Fiを使ったデータ転送は、潜在的な危険からあなたを保護します。フラッシュドライブやメモリードライブを使用すると、ウイルスやマルウェアが含まれている可能性があり、コンピュータの性能を低下させることがあります。Wi-Fiを利用してファイルを共有することで、このような危険を回避することができます。

5.LAN経由でPCからPCへファイルを転送する。

LANケーブルは、イーサネットポートを介して2台のコンピュータを接続し、データを転送する最も初期のものの1つです。LANケーブルは、より高速なデータ転送を可能にし、Windowsのすべてのバージョンと互換性があります。 

 LANケーブルを使用することで、ファイルを転送する際にペン型ドライブの抜き差しをする必要がありません。また、Wi-Fiに依存することもありません。どのようなデータを送るにしても、LANケーブルは最速の転送速度を提供し、Wi-Fiを使用すれば、高度なネットワーク設定の専門知識は必要ありません。

長所 短所
コミュニケーションの促進 - LANを使用することで、ユーザーは簡単にメッセージやデータを共有することができます。データはサーバーに保存されるため、LANユーザーが閲覧することができる。各LANユーザーは、他のネットワークユーザーとこれを行うことができます。その結果、時間を節約し、通信が適切な受信者に送信されることを保証する。
導入コスト - LANはリソースを共有することでコストを削減することができますが、ネットワークを設定するための初期コストはかなり高くなります。これは主に、サーバーを作成するための特殊なソフトウェアが必要なためです。さらに、ルーター、ハブ、スイッチ、ケーブルなどの物理的な機器も、初期設定のために購入しなければなりません。
データの一元化 - コンピューター・ネットワークを持つことで、すべての情報を一カ所に集め、複数のユーザーからアクセスできるようになります。これにより、同じチームのメンバーがそれぞれの職務に必要なすべてのリソースにアクセスできるようになります。
ポリシー違反 - 接続されたコンピュータに関連するすべてのデータは1つのサーバーに保管されるため、権限のない個人が接続されたすべてのマシンのブラウザ履歴やダウンロードを調べることができます。
マルチプラットフォームアプリケーション

6.クラウド型サービス事業者 

Google DriveやOneDriveなど、さまざまなクラウドストレージサービスを使って、ファイルを転送したりダウンロードしたりすることがあります。 クラウドストレージがファイル転送に有利な理由は何でしょうか。クラウドベースのサービスでは、利用可能なストレージ容量に応じて、ほぼすべてのサイズのファイルをダウンロードし、送信することができるからです。さらに、オンラインアプリケーションを使用して、より大きなファイルをアップロードすることもできます。

プロフェッショナルな仕事をする場合、世界中にいる個人や組織にファイルを転送する必要があることはほぼ間違いないでしょう。 ファイルメール は、こんな時に便利です。難しい準備も、QRコードの読み取りも、ハードルはありません。ファイルを送るのは、メールを送るのと同じくらい簡単です。

ファイルメールアプリは、ドラッグ&ドロップの簡単な操作で、あらゆるサイズの巨大なファイルを、あらゆるメールアドレスに送信することができます。また、プライベートなURLにファイルをアップロードして、他の人と共有することもできます。転送は、ファイルメールUDPプロトコルによって強化され、インターネット上で最も速く、最も信頼性の高い巨大ファイルの送信方法となっています。
長所 短所
コスト - 物理的なストレージはコストが高すぎるかもしれません。ハードウェアを必要としないクラウドストレージは、外付けドライブよりもGBあたりのコストがはるかに低くなります。
インターネット接続 - クラウドストレージにはインターネット接続が必要です。低速のネットワークに接続している場合、ストレージへのアクセスが困難な場合があります。インターネットに接続されていない場合、ファイルを表示することはできません。
アクセス性 - クラウドにファイルを保存することで、インターネットに接続できる場所ならどこからでもファイルにアクセスすることができます。
コスト - クラウドからのファイルのアップロードやダウンロードには追加料金が発生します。多くのファイルに頻繁にアクセスする場合、これらの料金は急速に蓄積される可能性があります。
リカバリー - ハードディスクの故障やその他のハードウェアの問題が発生した場合、クラウド上のデータにアクセスすることができます。ローカルストレージに使用する物理的なハードディスクのバックアップオプションです。
プライバシー - クラウドサービスプロバイダーを利用する場合、データはもはや物理的にあなたのコンピューターに保存されることはありません。したがって、誰がデータのセキュリティに責任を持つのでしょうか?これはグレーゾーンであり、現在明らかにされつつあるところです。
デバイスの同期と最新状態の維持 - クラウドストレージを使用する場合、ファイルに加えた変更は、クラウドにアクセスするすべてのデバイスで自動的に同期され、更新されます。

では、どのようなオプションが最適なのでしょうか?

新しいコンピュータを手に入れるのは楽しいことですが、自分の情報がすべて古いコンピュータに残っていることに気がつくと、そうではなくなります。PCからPCへファイルを共有する方法は、PCを所有する人にとって不可欠なものです。 

 現在、古いパソコンから新しいパソコンにデータ、アプリケーション、設定を移行するためのオプションが数多く用意されています。昔ながらのフラッシュメモリーでも、最新のソフトウェアでも、どんなデバイスからでもデータにアクセスすることができます。

あらゆるサイズのファイルを転送

受信者数、ダウンロード数、帯域幅が無制限

Gmailの添付ファイルサイズ制限と、制限を回避してファイルを共有する方法

gmailで大容量ファイルをメール送信する

Gmailは、Googleが提供する人気のメールサービスです。2004年のサービス開始以来、世界中で最も頻繁に利用されているメールサービスの1つとなっています。

Gmailの使いやすいインターフェースは、初めてメールを利用する方にもおすすめで、その人気もうなづけます。実際、Gmailの全世界のアクティブユーザー数は、2021年末時点でなんと18億人。

しかし、その普及を妨げる可能性がある機能のひとつが、Gmailで送受信できる電子メールの添付ファイルに対する制限です。Gmailのサーバーで送受信できるファイルのサイズに制限があるため、大容量のファイルを共有する際に問題となる可能性があります。

この制約が問題となり、支障をきたす可能性があります。 大容量ファイル共有 スプレッドシート、プレゼンテーション、音楽トラック、ビデオのような。幸いなことに、この制限を回避できる方法があります。

今回は、このサイズ制限を回避して、Gmailで大容量の添付ファイルを含むメールを送信する方法をご紹介します。それでは、さっそく試してみましょう。

5GBまでのファイルを無料で送信

登録不要

なぜメールにはサイズ制限があるのですか?

Gmailがこのようにファイルサイズを制限している理由は、主に2つあります。

第一の理由は、ファイルのアップロードやダウンロードに時間がかかり過ぎないようにするためです。1MBのファイルをアップロードするのに約14秒かかることを考えると、メールで大きなファイルを送ると、結局は多くの時間がかかってしまう可能性があります。

また、大きなファイルにはウイルスやマルウェアが含まれている可能性があり、それらをダウンロードするとコンピューターに感染する恐れがあるため、Gmailではこのようなサイズ制限を設けています。このようなリスクを考慮して、Gmailでは大きなファイルの送受信を制限し、ユーザーの安全確保に努めています。しかし、このサイズ制限を回避する方法があります。

主要メールプロバイダのメール添付ファイルサイズ

Gmail、Yahoo、Outlookなど、人気のある無料メールプロバイダーは、サーバーを介して送受信できるファイルサイズに制限を設けています。ここでは、ファイルサイズに関して、さまざまなサービスプロバイダーがGmailに対してどのような位置づけにあるかを見てみましょう。
メールプロバイダー ファイル添付サイズ制限(MB)
Outlook.com / Hotmail.com
34
Gmail.com
25
プロトンメール・ドット・コム
25
ヤフオク
25
AOLドットコム
25
メール・ドット・コム
30
この一覧からわかるように、ほとんどすべての主要なメールプロバイダーが添付ファイルに課している共通のサイズは25MBです。これは、サーバーがこのような大きなファイルを扱えるように設定されているためで、一貫性を保つためです。
しかし、Gmailは、電子メールの添付ファイルに関しては、最低の制限を設けています。このため、Gmailで大きなファイルを送信する際に問題が発生することがあります。しかし、Gmailで大きなメールを送信する方法があるので、気を落とさないでください。
Gmailの添付ファイルサイズ制限を回避する

Gmailのファイルサイズ制限を回避する方法

Gmailで大容量のメールを送信するには、さまざまな方法があります。ただ、正しい回避策を知っておく必要があります。それでは、Gmailで大きなファイルを送信するための方法をいくつかご紹介しましょう。
圧縮・減容

1.ファイルを圧縮する

Gmailのサイズ制限を回避するためにファイルを圧縮することは、最も簡単な方法の一つです。ファイルをZIPまたはRAR形式に圧縮して、Gmailの連絡先に送信すればよいのです。相手がファイルを受け取ったら、ファイルを開く前に解凍するだけです。本当に簡単です。
ファイルを圧縮するには、ファイルを右クリックして、"送信先" > "圧縮 (zip) フォルダー" のオプションを選択するだけです。ファイルが圧縮されるまで数秒かかりますので、それをGmailの連絡先に送信することができます。相手がそれを受信したら、ファイルを右クリックして、"すべて展開 "のオプションを選択するだけです。
ファイルスプリット

2.ファイルスプリッター

Gmailのサイズ制限を回避するために、ファイルスプリッターを使用することもできます。ファイルスプリッターとは、ファイルを小さな塊に分割して、別々のメールで送信することができるアプリケーションです。 

例えば、25MBのファイルを5MBずつの5つのパーツに分割し、5通のメールで送信することができます。これによって、ファイルは問題なく目的の相手に届きます。

オンラインにはさまざまなファイル分割ツールがありますが、自分に最適なものを見つけることが重要です。ファイルスプリッターを選ぶ際に考慮すべき点はいくつかあります。

1.対応ファイル形式

ファイル分割ソフトは、お使いのファイル形式に対応しているかどうかを確認する必要があります。また、動画や画像などの大きなファイルを扱えることが必要です。

2.複数のメール

大容量ファイルを素早く分割して複数のメールに送信できるファイル分割ソフトを探すとよいでしょう。そうすれば、Gmailで大きなファイルを送信する際に問題にぶつかることはないでしょう。

3.使いやすさ

ファイルスプリッターを使用する要点は、プロセスを素早く簡単にすることです。ですから、ファイルを複数のメールに分離するのが簡単なファイルスプリッターを探すべきです。また、料金を支払うことなく使用できる無料のファイルスプリッターを探すこともできます。

3.クラウドストレージの選択肢

クラウドストレージは、大容量のファイルを共有したいユーザーにとって、急速に普及が進んでいます。Google DriveやDropboxなどのクラウドストレージサービスを利用すれば、ファイルをアップロードして相手にリンクを送信することができます。相手は、それぞれのクラウドストレージのアカウントからファイルをダウンロードすることができます。

OneDrive

OneDriveは、最も人気のあるクラウドストレージサービスの1つです。OneDriveを使用すると、仕事や学校のファイルを一箇所に保存、共有、同期することができます。OneDriveにドキュメントを保存して、どのデバイスからでもアクセスすることができます。OneDriveに保存したファイルは、他の人がどこにいても共有できます。

Googleドライブ

Googleの最も人気のあるサービスの1つであるGoogle Driveを使用すると、すべてのデバイスでファイルを保存し、共有することができます。クラウド上でファイルの作成、アップロード、編集を行うことができ、他の人と協力して一つのファイルに取り組むことも可能です。ファイルの作成には、Googleドキュメント、シート、スライド、フォームから選択することができます。

ドロップボックス

Dropboxは、写真を含むファイルを保存し、共有することができます。各ファイルやフォルダの閲覧者を定義し、パスワードで非公開にすることができます。Dropboxはあなたのコンテンツを保護するのに役立ちます。 これらのオプションを使用する場合、大きなファイルを扱うように設計されているので、ファイルサイズを心配する必要はありません。

4.クラウド型ファイル転送サービス

大容量のファイルを仕事仲間や友人、家族と共有したい場合、クラウドベースのファイル転送サービスを利用するのが効果的です。これらは、世界中の他のユーザーとファイルを共有するために、大容量のクラウドストレージスペースを提供するサービスです。

クラウドベースのファイル転送サービスは、クラウドストレージサービスと同じように機能します。どのようなデバイスからでもアクセスでき、特に外出先で便利です。さまざまなサービスがあるので、自分の要件に最も適したものを見つけるのは少し難しいかもしれません。

ここでは、クラウド型ファイル転送サービスを選択する際の注意点を紹介します。

1.ファイルサイズ制限

選択したファイル転送サービスが、すべてのファイルに対応していること、ファイルのサイズを制限していないことを確認してください。また、ファイル転送サービスの中には問題が発生するものもあるので、ファイルで使用する前にテストしておくとよいでしょう。

2.対応ファイル形式

ファイル転送サービスを選択する際には、すべてのファイル形式に対応していることを確認する必要があります。また、動画や画像などの大きなファイルを扱えることも重要です。

3.対応チャンネル

ファイル転送サービスを選ぶ際には、メールやソーシャルメディアなど、利用するコミュニケーションチャネルに対応しているかどうかを確認する必要があります。

4.セキュリティとプライバシー機能

安全なファイルを送信でき、エンドツーエンドで暗号化され、第三者がファイルを傍受することを防ぐことができるファイル転送サービスを探す必要があります。

5.価格設定

ファイル転送サービスを選択する前に、その料金プランを検討する必要があります。ファイル転送サービスにお金を払う必要はありませんが、その料金体系に目を向けることは重要です。
マルチプラットフォームアプリケーション

ファイルメール

ファイルメールは、大容量のファイルを電子メールで簡単かつ迅速に誰にでも送ることができる、最も現実的なオプションの1つです。ファイルメールは完全に無料で、好きなだけファイルを送信することができます。 

 Filemailの無料版では5GBの制限がありますが、有料オプションでファイルサイズ無制限で送信することも可能です。あらゆるフォーマットに対応しているそうです。ストレージの容量を気にせず、大容量ファイルを送れる方法を探している人は、ぜひFilemailをチェックしてみてください。

結論

Gmailの添付ファイルサイズ制限を回避して、それ以上のサイズのファイルを誰かに送ろうとすると、本当に大変なことになります。しかし、送ろうとするファイルによっては、常にオプションが用意されています。
Gmailでは容量が大きすぎるが、OneDrive、Dropbox、Google Drive、またはその他のファイル共有サービスでは容量が小さすぎる場合、Filemailは最良の選択肢のひとつとなります。
ファイルメールを使えば、ファイルの形式に関係なく、大容量のファイルを簡単かつ迅速にメールで送信することができます。この記事で、Gmailのファイルサイズ制限を回避し、必要なときに回避する方法を知っていただけたら幸いです。お読みいただきありがとうございました。

Gmailの添付ファイルサイズ制限を突破する

スプリッターとコンプレッサーで時間を無駄にしない

大容量ファイルをメールで送信する方法

メールによる大容量ファイル送信

必要なとき 大きなファイルを送る 電子メールで送受信する場合、ファイルサイズが大きすぎることを知らせるポップアップが表示されると、イライラすることがあります。意外なことに、ほとんどのメールサーバーは、特定のサイズを超えるファイルを送受信することができません。

そればかりか、送信者のメールサーバーで添付ファイルを送信できたからといって、受信者のメールがそれを受け入れるとは限りません。受信者が開くことができる添付ファイルを送信するには、どうすればよいのでしょうか。大容量のファイルをメールで送信する方法について説明します。

メールの添付ファイルを送信する前に、そのサイズを確実に把握する必要があります。メールサーバーのサイズ制限は一律ではなく、各プロバイダーによって異なります。幸いなことに、ほとんどのメールサービスでは、ファイル名の横にファイルサイズが表示されます。

複数のファイルを添付する場合、添付ファイルの合計サイズを記録しておくと便利です。ファイルサイズがメガバイトではなくキロバイトで表示されている場合は、1メガバイトが1024キロバイトであることを知っておいてください。

企業や個人を問わず、多くの人がクラウド型サービス事業者やクラウド型 ファイル転送サービス を使用すると、電子メールで大きなファイルを送信する際に、添付ファイルのサイズを気にすることなく送信できます。

5GBまで無料で転送

登録不要

大容量ファイルをメールで送信できるクラウド型ストレージサービス

メールで送信したいが、ファイルサイズが大きすぎる場合、クラウド型のストレージサービスを利用するのも効率的な解決策の一つです。

iCloud Mail Drop、OneDrive、Google Driveなどのクラウドストレージスペースは、電子メールで大容量ファイルを送信する優れた方法です。高品質のグラフィック、ビデオ、プレゼンテーション、データなどがある場合、それを送る必要がありますが、クラウドソリューションでは、ファイルをクラウドサービスにアップロードすることができます。

そして、受信者が添付ファイルではなく、リンクを通じてファイルにアクセスできるようにリンクを送信します。難しそうに見えても、コツをつかめば簡単です。ここでは、クラウドベースのストレージサービスを利用して大容量の添付ファイルを送信する方法について説明します。

Apple icloudとメール

1. Apple MailでiCloudメールドロップ 

iCloudアカウントを使用すると、iCloud経由で5GBまでの大容量ファイルを送信できるMail Dropを使用するように設定されています。Mail Dropを使用すると、ファイルは暗号化されて保存され、30日以内に受信者がダウンロードできるようになります。

まず、Apple MailアカウントからMail Dropが有効になっていることを確認します。

1. MacからApple Mailを開き、メニューバーの「Mail」から「Preferences」を選択します。

2. アカウント]タブで、メールドロップを有効にしたいアカウントを選択します。

3. 大きな添付ファイルをメールドロップで送信する]の横にあるチェックボックスをオンにします。

4. Apple Mailで新規メールを作成し、添付ファイルを表示させたい場所にテキストカーソルがあることを確認します。

5. ファイル」を選択し、「ファイルを添付する」を選択します。添付したいファイルを選択し、「ファイルを選択」をクリックします。

添付ファイルがサイズ制限を超えた場合、Apple Mailは受信者のために自動的にファイルをiCloudサーバーにアップロードします。 

長所 短所
添付ファイルはiCloudにアップロードされ、安全なリンクが含まれます。
Mail Dropは5GBの制限しかないため、この方法ではそれ以上の容量は失敗します。
添付ファイルはiCloudストレージの総容量にカウントされず、30日間だけクラウドに保管されます。
Windowsなどの他のOSでは、一部の添付ファイルがうまく転送されないことがあります。 
gmailで大容量ファイルをメール送信する

2.Google DriveとGmailの連携

Google Driveでは、最大25MBまでの添付ファイルを送信でき、最大50MBまでのファイルを受信することができます。Google Driveで大きなファイルを送信するには、まずファイルをアップロードしてからメールで送信する必要があります。以下の簡単な手順を踏むだけです。

1. Gmailの受信トレイにサインインし、画面左上の「メール作成」を選択すると、新しいメッセージが始まります。 

2. 新規メッセージのポップアップの下にあるアイコンボタンから、Googleドライブのアイコンを選択します。ダイアログボックスがポップアップし、ファイルを挿入することができます。

3. まだGoogle Driveにファイルをアップロードしていない場合は、このダイアログボックスからアップロードすることができます。上部メニューから「アップロード」を選択します。大きな添付ファイルをドラッグ&ドロップするか、「デバイスからファイルを選択」をクリックすることができます。アップロードを選択すると、ファイルがGoogle Driveに追加されます。

4. Googleドライブにファイルがアップロードされている場合は、ドライブ内でファイルを検索することができます。ファイルをハイライトして、挿入ボタンをクリックします。 

5. 受信者がファイルにアクセスできるように、メールを送信する前に必ずアクセス権を設定してください。Gmailは、受信者があなたに代わってファイルにアクセスできることを確認するためのチェックを行い、メッセージを送信する前にファイルの共有設定を更新するように促します。

これで、メールに添付ファイルのリンクが追加されます。 

長所 短所
ファイル共有も簡単で、多くのツールが内蔵されているので、簡単に他の人とファイルを共同利用することができます。
ファイルにパスワードがかかっていない状態でファイルを共有する場合、セキュリティ上のリスクが生じる可能性があります。
ファイルは、あなたが意図する受取人と共有するまでは非公開です。
Google Driveはドライブへのアップロード制限を課しているため、複数の大きなファイルをGoogle Driveに共有する必要がある場合、この制限にイライラすることがあります。
どこからでも自分のファイルにアクセスできます。
ワンドライブ&アウトルック

3.OneDriveとOutlookの連携

多くの企業にとって、主要な電子メール サービスは Outlook です。OneDriveは、Outlookを使用して電子メールで大きなファイルを送信するための優れたソリューションです。Outlookでは、添付ファイルは最大33MBまでしか許可されません。ファイルを共有する前に、まずOne Driveに保存しておくようにする必要があります。

OneDriveを使ってメールでファイルを送信する方法は以下の通りです。

1. まず、OneDriveのアカウントにサインインしてください。

2. 共有したいファイルを右クリックします。ドロップダウンメニューから、「共有」を選択します。 

3. ポップアップボックスで、ファイルを共有したい人の電子メールアドレスを入力し、ドキュメントに設定したいアクセス権を更新します。この方法では、大容量ファイルを閲覧するためのリンクが付いた電子メールが自動的に生成されます。 

4. カスタムメールを作成したい場合は、自動招待のために受信者のメールを入力する代わりに、ポップアップの左下にあるリンクのコピーボタンからリンクを生成します。そのリンクをOutlookで新しいメールに貼り付けます。 

長所 短所
OneDriveにはどんなファイルでも保存でき、大容量のファイルも簡単にメールで送れる使い勝手の良いインターフェイスを備えています。
OneDriveの無料プランでは5GBまでしか保存できず、それ以上の保存は有料です。
マイクロソフトは定評のある企業なので、堅実で信頼できる企業であることがわかります。
OneDriveを利用する際に気になるのが、セキュリティです。
転送中のデータを暗号化するだけで、そこにあるデータを暗号化することはできません。
ユーザー権限により、不要なドキュメントを変更されることがあります。 

メールを使って大容量ファイルを送信するクラウド型ファイル転送サービス

クラウドサービスが始まった当初は、ウェブベースのメール、ソーシャルメディア、写真、個人用ストレージなど、消費者向けのサービスが中心でした。クラウドソリューションが進化し、セキュリティが向上するにつれて、クラウドサービスは、ファイル転送を含むネットワークインフラ全体をクラウド内で操作できるようになりました。 

機密文書やデータを安全に共有するプロセスの需要が高まり、クラウドベースのファイル転送サービスを採用する人が増えています。在宅勤務の社員が増える中、大容量データファイルの送受信を可能にする、使いやすく安全なソリューションが欠かせません。 

クラウド型のファイル転送サービスを利用するのも手です。 

マルチプラットフォームアプリケーション

ファイルメール

ファイルメール は、あらゆるサイズのファイルをオンラインで送受信できるサービスを提供する数多くのソリューションの1つです。セキュリティ機能が搭載されており、利用可能期間の設定やパスワード保護の設定により、ファイル転送を安全に行うことができます。これにより、ファイルが悪人の手に渡るのを防ぐことができます。 

ファイルメールの使用方法は簡単で、大容量ファイルをオンラインで送信するための2つのオプションがあります。直接送るか、リンクを生成して希望のメールプラットフォームを経由して送ることができます。 

1. ファイルメールのウェブサイトから、「ファイルを追加」ボタンを選択し、送信するファイルを選択します。 

2. メールとして送信する場合は、「メールとして送信」タブを選択し、メールアドレスを使用して送信するメールを作成します。

3. プライマリーメールサーバーを使用したい場合は、「リンクとして送信」タブを選択し、リンクをコピーしてください。

4. ポップアップが表示され、ファイルの利用可能期間を設定することができます。

ファイルメールでは、以下のことが可能です。 ファイルを共有する 5GBまで無料でご利用いただけます。有料アカウントでは、1TBのストレージ、ロゴや背景の追加など、より多くの機能を利用でき、小規模なビジネスに最適です。

これらの方法は、電子メールで大容量ファイルを送信するための最良の方法の一つです。常に安全な専門のクラウドや転送ツールを使用していることを確認したいものです。大容量の添付ファイルを送受信する場合、セキュリティは最も重要な懸念事項の1つです。

 必ず、知り合いや信頼できる人からの添付ファイルのみを開くようにし、上記の安全な方法によるものであることを確認してください。

あらゆるサイズの大容量ファイルを送信

受信者数、ダウンロード数、帯域幅が無制限

オーディオファイルを送る。音楽と曲を高速で共有する8つの方法

オーディオファイルを送る

この記事では、オンラインでオーディオファイルを送信する8つの方法について説明します。プロが使うファイル形式と、一般の人が使うMP3形式を取り上げます。

見ていく解決策は

  1. 電子メール
  2. ブルートゥース
  3. WhatsApp
  4. Facebookメッセンジャー
  5. Googleドライブ
  6. ワンドライブ
  7. iCloud
  8. ファイルメール

5GBまでのオーディオファイル転送が無料

登録不要

最も人気のあるオーディオファイル形式を共有

人と組織の間では、あらゆる種類の音声ファイルが転送される。個人的な場面では、ボイスレコーディング、歌、音楽ファイルなどが考えられます。プロフェッショナルな場面では、吹き替え、効果音、音楽、歌といったものが考えられます。 

オーディオを扱うプロフェッショナルは、ロスレス圧縮か非圧縮のどちらかの形式を使用します。 オーディオファイル送信.これは、サウンドの品質と忠実度を維持する必要があるためです。彼らが通常扱うファイルタイプには、WAV、AIFF、FLACなどがあります。この場合のロスレス圧縮は、ZipやRARなどのファイルタイプです。

プロでない人がオーディオを共有する場合、確かに音楽や歌の場合、どこにでもあるMP3を使うでしょう。 

一般的なオーディオファイル形式の1分間の典型的なファイルサイズ 

ファイル形式 キロヘルツ ビット深度 ファイルサイズ(MB)
ウエーブ
44.1
16
10.09
アイフ
44.1
16
10.09
FLAC
44.1
16
5.58
MP3
44.1
128kbps
0.914

オーディオファイルの送信方法

オーディオファイルのフォーマットやファイルサイズによって、適した共有方法があります。

1.電子メール

Eメールオーディオファイル

MP3ファイルを転送する最も簡単な方法は、送信者にファイルを郵送することです。添付ファイルオプションを使用して、必要なオーディオファイルを添付し、送信を押してください。 

メールサービスプロバイダーは、送信できる添付ファイルのサイズに制限を設けています。通常、プロバイダーによって異なりますが、10MBから25MBのサイズです。ZipやRARツールなどの可逆圧縮を使用すれば、ファイルサイズを小さくすることができます。しかし、それでも、大きなサイズのオーディオファイルを送信することはできません。

オーディオファイルのメール送信の長所と短所

長所

1.メールアドレスと、メールを添付して送信するノウハウがある。 

短所

1.添付ファイルのサイズ制限により、高音質な音声ファイルや多くのファイルを送信することはできません。

2.ブルートゥース

ブルートゥースでオーディオファイルを共有する

Bluetoothは古くから存在し、モバイル機器に搭載されていることが多い。スピーカーやヘッドホンなど様々な周辺機器の接続に使えるだけでなく、ファイルの転送も可能です。 

Bluetoothで音声ファイルを共有する方法

1.送信側と受信側の両方のデバイスでBluetoothを有効にする。

2.デバイス同士をペアリングする。

3.共有したい音声ファイルを選択し、「共有」アイコンをクリックします。

4.Bluetoothのアイコンを選択し、「送信」を押します。

5.受取人は、転送を受け入れる必要があります。

Bluetoothファイル共有の長所と短所

長所

1.使い勝手が良い。

2.ワイヤレスなので、配線を気にすることなく使用できます。

3.Bluetoothは、モバイル機器に搭載されていることが多く、搭載していない機器にも簡単にインストールできる人気の機能です。

短所

1.転送速度が遅いため、大容量ファイルの送信には適さない。

2.Bluetoothはハイレゾ音源の転送に使うべきではない。

3.Bluetoothでの転送は、100m以内の距離の機器でのみ可能です。

3.WhatsApp

ワンタッチで音楽共有

WhatsAppは、画像、ドキュメント、ビデオ、オーディオファイルの共有によく使われる、非常に人気のあるメッセージングアプリです。 

WhatsAppで音声ファイルを送信する方法

1.共有したい連絡先に移動する

2.メッセージボックスに表示されているPaperclipのアイコンをクリックします。

3.オーディオのアイコンを選択する

4.希望のオーディオファイルを参照し、選択する

5.送信をクリックし、ファイルを転送する

ワイヤレスでのファイル送信の長所と短所

長所

1.素早く簡単に共有できる。

2.人気のあるメッセージングアプリなので、端末にアプリがインストールされている可能性が高い。

短所

1.双方がWhatsAppをインストールし、互いの連絡先リストに登録する必要があります。

2.送信できるファイルは100MBまでです。

3.WhatsApp を使って録音された音声は、16MB までしか使用できません。

4.WhatsApp はオーディオファイルを圧縮しますので、品質が落ちます。

5.iOSの制限により、iPhoneでオーディオファイルを共有することはできません。

4.フェイスブックメッセンジャー

フェイスブックメッセンジャー

Facebookメッセンジャーは、Facebook上の友達と連絡を取ることができる無料のメッセージングアプリです。チャットメッセージの送信はもちろん、写真や動画、音楽や楽曲などのファイルを共有することができます。

WhatsAppで音楽ファイルを送信する方法

1.デスクトップパソコンで、Messengerにログインする。

2.共有したい相手のところへ行く。

3.をクリックし、Paperclipのアイコンをクリックします。

4.共有したいファイルを選択します。

5.Enter」を押して、ファイルを送信します。

Facebookメッセンジャーで音声ファイルを転送するメリットとデメリット

長所

1.ダウンロードは無料です。

2.使い方は簡単です。

短所

1.デスクトップパソコンからのファイル送信のみ可能です。

2.最大ファイルサイズはわずか150MB。

3.転送速度が遅い。

4.プライバシーへの配慮

5.Googleドライブ

google ドライブロゴ

GmailなどのGoogleのサービスを利用している方は、Googleドライブを利用されていることでしょう。Googleドライブは、クラウドベースのホスティングと共有サービスです。ファイルをアップロードし、そのリンクを誰とでも共有することができます。 

Google Driveで音楽を共有する方法

1.に移動します。 グーグルドライブ

2.新規作成」をクリックし、アップロードしたいファイルを選択します。または、目的のファイルをドラッグ&ドロップすることもできます。

3.アップロードが完了したら、ファイルを右クリックし、共有オプションを選択します。

4.ファイルを共有したい人のメールアドレスを入力する。 

5.または、右クリックして、「リンクを取得」を選択することもできます。このリンクを共有すると、ファイルをダウンロードすることができます。

Google Driveを使った音楽共有の長所と短所